4G(LTE)・3Gの通信は使えるのか、どんな特徴やメリットがあるのか紹介

格安SIMって、通信するときにどんな回線を使っているのか気になりませんか?
4G(LTE)だけでなく3Gにも対応していたら、もっと幅広い使い方ができますよね。

この記事では、4G(LTE)・3Gの通信が使えるのか、どんな特徴やメリットがあるのか紹介しています。

格安SIMの通信についてわかれば、気軽に使うことができると思います。
僕の体験も交えながら、わかりやすく説明していきますね!

格安SIMでは4G(LTE)・3Gの通信が使える!

まずは結論からお伝えすると、格安SIMでも4G(LTE)・3Gの通信を使うことができます。
大手キャリアと同じように、両方の通信に対応しています。

今までスマホを使っていたときって、通信が自動的に切り替わっていたと思います。

4G(LTE)
高速なデータ通信ができる
3G
4Gより古い規格の通信

こんな感じで、大手キャリア・格安SIMでは両方の通信を使い分けています。

それでは、なぜスマホでは両方の通信を使っているのでしょうか?
電波がつながるのであれば、新規格の4G(LTE)だけで良さそうな気もしますよね。

ここから4G・3Gについて、もうすこし詳しく説明していきます。

4G(LTE)ってどんな回線なの?

速度

4G回線は、別名LTEとも呼ばれています。
どちらも同じ意味で、それぞれ呼び方が違うだけです。

4G(LTE)の特徴は、3Gよりもずっと高速なデータ通信ができることです。
通信速度は5倍以上とも言われていて、圧倒的に速い通信ができます。

今はスマホを使っている方がほとんどで、3Gの時代よりもずっと通信量が増えています。
動画まで見れるようになったのも、4G(LTE)の恩恵を受けているからといえるでしょう!

格安SIMと4G(LTE)の回線について

SIMカード

格安SIMはすこし通信速度が遅いといわれていますが、4G(LTE)にも対応しています。

僕も格安SIMを使っていて、スマホで実用的な速度が出ることを確認しています。
だからインターネットはもちろん、動画を見ることだってできますよ。

3Gよりもずっと高速なデータ通信ができるのは間違いないです。

3Gで通信するメリットってあるの?

データ通信

3Gは、4G(LTE)よりも一世代前の回線です。
なので、通信速度はかなり遅くなっています。

では、なぜ4Gよりも遅い3Gを今でも使い続けているのでしょうか?

その理由は、電波の届きやすさの違いにあります。
3Gは、4G(LTE)よりも障害物に強いという特徴を持っています。

なので、たとえば建物の中でも電波が届きやすいんです。

建物

普段は4Gで高速通信をしながら、電波が悪い場所では3Gでデータ通信ができます。
お互いにサポートしあうことで、もっと便利で快適に通信ができるんです。

しかも、それぞれの回線は自動的に切り替わります。
僕たちが意識しなくても、ベストな回線を選んでくれるというわけです。

【まとめ】4G(LTE)・3Gを使えるから便利!

両方の通信を使えるからこそ、いざという時に3G回線が活躍します。
今でこそ4G(LTE)が普及してきましたが、やっぱり3Gも使えるほうが便利です。

そういう意味では、格安SIM・大手キャリアのどちらも快適に使えると思いますよ!
自動的に切り替わってくれるのは、ユーザーとしては助かる機能ですよね。

4G(LTE)の電波が届かないときには、3G回線が大活躍

今後は5Gといった新しい通信規格も出てくるので、さらに高速通信ができる可能性もあります。
そうなると、当初の4G(LTE)のように普及に時間がかかるかもしれませんね。

それでも、技術は間違いなく進歩し続けています。
これからも、もっと僕たちが快適にスマホを使えるようになればいいですね!

3Gから4Gに移行したときのこと

この記事を読んでいるあなたは、3Gから4Gに移行し始めたときのことを覚えていますか?
もしかしたら、そのときにスマホを持っていなかった方もいるかもしれません。

通信が進化するのを実感したときには、かなり衝撃を受けるはずです。
今でこそ4G(LTE)はごく普通に使われていますが、移行したときはかなり高速に感じました。

5Gが普及し始めたら、ビックリするくらい高速になるかもしれません。

4G・5G

ちょっと話がそれてしまいましたね。

まとめると、格安SIMも3G・4Gのデータ通信に対応しています。
実用的な速度が出ているので、インターネットやアプリなども十分に快適ですよ。

もし興味があれば、格安SIMの使い方ガイドもチェックしてみてはどうでしょうか?
使い方から乗り換えまで、いろいろな情報をわかりやすく紹介しています。