イオンモバイルの評判

イオンモバイルは、あのショッピングモールで有名なイオンが提供している格安SIMです。
強力な店舗ネットワークを持っていますが、実際の評判はどうでしょうか?

この記事では、イオンモバイルのメリット・デメリットを比較しながら、そこで気づいた魅力を紹介しています。

イオンといえば、地域やファミリーに寄り添った対応が特徴です。
良いところ、悪いところをチェックしながら、どんな使い方ができるのか見ていきましょう!

イオンモバイル公式サイトはこちら

イオンモバイルのメリット

それではさっそく、イオンモバイルのメリットからチェックしていきましょう!
ここでは、格安SIM自体のメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、イオンモバイルだけの特徴や、より優れているところをピックアップしています。

イオンモバイルのメリット

  1. 実店舗でサポートを受けられる
  2. オプションによるサポートも充実
  3. シェアプランがある
  4. 大容量プランがある
  5. 料金シミュレーションがある

ここから1つずつ、もっと詳しく説明していきますね!

【1】実店舗でサポートを受けられる

ショップ

イオンの強みを最大限まで活かしているのが、実店舗でのサポートです。

イオンのショップは、全国各地に展開されています。
200店舗以上のイオンで、イオンモバイルのサポートを受けることができます。

アフターサポートも充実しているので、ネットだけでは不安な方も大丈夫ですよ。
実際に顔をあわせながら対応してくれるので、初めての方でも安心です。

設定がわからないとき、故障したときでも、すぐに対応の店舗で見てもらうことができます。

【イオンモバイル】サポート対応の店舗一覧はこちら

【2】オプションによるサポートも充実

サポート

実店舗だけでなく、オプションによるサポートも充実しています。
3種類のサポートオプションと、すべてセットにしたパックが用意されています。

オプションのサポート内容は、以下の3つです。

イオンスマホ安心保証
いわゆる端末保証と同じ
水漏れや落下でスマホが故障しても、割安な料金で修理・交換ができる
イオンスマホ電話サポート
設定などで困ったときにサポート対応してもらえる
「操作サポート」「遠隔サポート」「出張サポート」の3つを利用できる
イオンスマホセキュリティ
ウイルススキャンや不要ファイルの削除ができる
Andoridのスマホで活用したいオプション

イオンスマホ安心パックでは、3つのサポートオプションがセットになっています。
料金が割引きされていて、最大31日間無料で使うことができます。

【3】シェアプランがある

家族

イオンでは、ファミリーをすごく大事にしている印象があります。
それは、イオンモバイルでも同じです。

イオンモバイルにはシェアプランがあるので、家族みんなで使うことができます。
家族だけでなく、タブレット・モバイルルーターなど複数の端末で使うのもOKです。

シェアプランでは、1つのプランで最大5枚のSIMカードを使うことができます。
名義人も1人だけでいいので、小さなお子さんも一緒にスマホを使えますね!

支払いもまとめられるので、管理しやすいのが特徴です。

【4】大容量プランがある

ギガ

シェアプランを使っていると、たくさんのデータ容量が必要になることも多いです。
そんなときに便利なのが、大容量プランです。

イオンモバイルでは最大50GBのデータ容量が使えるので、余裕をもって使うことができます。

たとえ5人で使ったとしても、1人当たり最大で10GBも利用できます。
これだけのデータ容量があれば、みんなで使っても自由度はかなり高いでしょう!

【5】料金シミュレーションがある

料金の計算

イオンモバイルの料金シミュレーションを使えば、どのくらい安くなるのかすぐにわかります。
今のスマホ代と比べてみれば、びっくりするくらい安くなるでしょう!

チェックマークをつけていくだけなので、かなりお手軽です。
こういう計算って、自分でやるのはちょっと面倒なんですよね。

1人用・シェアプラン用のシミュレーションができるので、希望のプラン料金を計算できます。
あなたはどのくらい安くなるのか、気になりませんか?

【イオンモバイル】1人用の料金シミュレーションはこちら

【イオンモバイル】シェアプラン用の料金シミュレーションはこちら

イオンモバイルのデメリットと解決策

メリットがわかったところで、デメリットもチェックしていきましょう。
ここでも、格安SIM自体のデメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、イオンモバイルにはない、劣っているという部分をピックアップしています。

イオンモバイルのデメリット

  1. すべての店舗でサポート対応はしていない
  2. 別名義ではデータ容量をシェアできない
  3. 使い放題・カウントフリープランがない

ここからもっと詳しく説明して、デメリットの解決策も提案していきます!

【1】すべての店舗でサポート対応はしていない

全国の店舗でサポート対応しているといっても、すべての店舗が対象ではありません。

一部の店舗ではサポート対象外なので、よく気をつけてくださいね。

【解決策】対応の店舗をしっかり確認しておこう!

イオンモバイルは、決して店舗数が少ないわけではありません。
200店舗以上もサポートを行っているのは、かなり手厚いサポートだと思います。

あくまでも、一部の店舗だけがサポート対象外ということです。

公式サイトでは、サポート対応しているショップを一覧で公開しています。
事前に確認しておけば、サポート対象外の店舗に来店するのを防ぐことができるでしょう!

【イオンモバイル】サポート対応の店舗一覧はこちら

【2】別名義ではデータ容量をシェアできない

イオンモバイルのシェアプランは、1つのプランを複数人で共有して使います。
あくまでも、同じ名義で使うことが前提です。

もし1人ずつ別名義で契約したときには、データ容量はシェアできません。

【解決策】ほかの格安SIMも比較してみよう!

どうしても別名義でデータ容量をシェアしたいときは、別の格安SIMも比較してみましょう!
ほかにも格安SIMはたくさんあるので、あなたの希望に合わせて選ぶことができますよ。

ここでは、別名義でデータ容量をシェアできる格安SIMを1つに絞って簡単に紹介します。

【3】使い放題・カウントフリープランがない

イオンモバイルは、シンプルでわかりやすい料金プランになっています。
使い放題・カウントフリーといったプランはありません。

SNSや動画をたくさん見たい方にとっては、ちょっと不便かもしれません。

【解決策】あなたの使いたいサービスをチェックしてみよう!

データ通信の使い放題は、対象サービスが決まっていることがほとんどです。

あなたが使いたいサービスをチェックしながら、使い放題を検討してみてはどうでしょうか?

使い放題にできるのは、以下のようなサービスです。
※格安SIMの名前をクリックすると、詳細ページに移動できます。

SNSのデータ通信が使い放題
LINE・Twitter・Facebook・Instagramなどが対象
格安SIM:LINEモバイルDMMモバイル
音楽聴き放題
LINE MUSICが対象
すべての楽曲が聴き放題
格安SIM:LINEモバイル
動画・音楽サイトのデータ通信が使い放題
YouTube・Abema TV・Apple Musicなどが対象
課金コンテンツは有料(Abema TVのプレミアム会員など)
格安SIM:BIGLOBEモバイル

これらのサービスをあまり使わなければ、イオンモバイルでも十分に快適でしょう!

メリット・デメリットのまとめ

メリット・デメリットをまとめると、イオンモバイルはサポートにかなり力を入れています。
わかりやすくてシンプルなプランで、すぐに料金チェックできるシミュレーターもあります。

わかりやすさとサポートを重視しているので、細かなニーズにはあまり対応できていません。
自分ならこう使いたい!という目的を満たすのは難しいでしょう。

格安SIMのなかで、イオンモバイルの立ち位置はかなりハッキリしているといえます。

大きなメリットは、手厚いサポートにわかりやすい料金体系です。
デメリットは、わかりやすいからこそ機能・サービスに特化しづらい点です。

どこよりも手厚いサポートを期待している方は、イオンモバイルで間違いないと思います。

イオンモバイルの料金と特徴

料金と特徴

対応回線 データ容量 価格帯
ドコモ
au
500MB~50GB 480~11,100円

イオンモバイル公式サイトはこちら

最低利用期間とか違約金はあるの?

格安SIMを使っていくうえで、最低利用期間や違約金は気になるところだと思います。
大手キャリアのような2年縛りはありませんが、種類によっては違約金が発生します。

そこで、イオンモバイルの最低利用期間と違約金を表にしてまとめます。

音声通話 データ通信
最低利用期間 なし なし
違約金 0円 0円
MNP転出手数料 8,000円(180日まで)
3,000円(181日から)
なし
MNP転出手数料の改訂について

2018年7月1日(日)より、MNP転出手数料の内容が改定されます。
混乱を避けるため、詳細は改定後に修正します。
すぐに確認したい方は、イオンモバイル公式サイトをご覧ください。

イオンモバイルには、最低利用期間・違約金はありません。
これは、格安SIMのなかでもかなり制限が少ないほうです。

格安SIMの最低利用期間は、平均するとだいたい12ヶ月くらいです。
それが一切ないので、ストレスなく利用できると思います。

そのかわり、MNP転出手数料がすこしだけ割高になっています。
180日以内にMNPで転出するときは、注意したほうがいいでしょう。

181日以上使うなら、利用期間は気にしなくてOKです。
181日を過ぎてしまえば、違約金はもちろん手数料の引き上げもありません。

おすすめのプランはどれ?

イオンモバイルのプラン選びは、かなりシンプルです。

プランを決める順番としては、この3ステップにするのがいいと思います。

  1. 1人用・シェアプランで使うのか決める
  2. 電話(音声通話)の有り無しを決める
  3. データ容量を決める

この3つさえ決まってしまえば、ほとんどプラン選びは完了です。
あとはかけ放題などのオプションに加入するかどうか、使いみちに合わせて決めればOKです。

イオンモバイルのプラン

データ容量については、どのくらいにすればいいのか悩んでしまう方もいると思います。
そこで、ざっくりとした目安をリストでまとめました。

2GB~(ライトユーザー向け)
インターネットで検索する
LINEやTwitterをよく使う
ゲームをプレイする
動画を少しだけ見る
6GB~(ミドルユーザー向け)
ゲームをたくさんプレイする
動画をそれなりに見る
Instagramでたくさんの画像をアップする
12GB~(ヘビーユーザー向け)
動画をたくさん見る

この目安は1人当たりのデータ容量なので、人数に合わせて調整してください。
使う人が多ければ多いほど、それだけ大きな容量が必要になります。

もし使ってみて容量が合わなかったとしても、あとから無料で変更できます。
まずは気軽に決めてみてはどうでしょうか?

イオンモバイルはどんな人に向いてる?

ここまでの内容で、あなたはどんな人にイオンモバイルが向いていると思いましたか?

僕が考えるイオンモバイルに向いている人は、

  • 手軽に格安SIMを使い始めたい
  • イオンで気軽にサポートを受けたい
  • 家族みんなで使いたい

といった方です。
ファミリーで使いたい方や、実店舗でサポートを受けたい方におすすめです。

イオンモバイルに向いてる人

イオンモバイルの大きな特徴は、ユーザーに寄り添ったサポート体制だと思います。
そのかわり、機能・サービスでは大きなメリットは少ないです。

特別な機能とかはいらないから、ずっと安心して使いたいという方に向いているでしょう。

【まとめ】違約金なし!充実のサポート体制が特徴

イオンモバイルは、大手ショッピングモールのイオンが提供している格安SIMです。
内容をチェックしてみると、とても「イオンらしさ」が出ているなぁと感じました。

最低利用期間・違約金がないので、誰でも気軽に使い始めることができます。

また、全国の店舗ネットワークをうまく活用して、充実したサポートを実現しています。
ユーザーに寄り添ったサポートは、長年の経験によるところも大きいのではないでしょうか?

違約金なしでお手軽

機能で目立ったところはありませんが、手軽で快適に使えるのは大きなメリットです。
1人で使うのはもちろん、家族みんなで使うときにも安心して利用できるでしょう。

公式サイトも見やすくてわかりやすいので、気になる情報もすぐにチェックできます。
イオンモバイルに興味があれば、まずは公式サイトから見てみませんか?

イオンモバイル公式サイトはこちら