b-mobile

b-mobileは、ソフトバンク・ドコモ回線に対応している格安SIMです。
ソフトバンクに対応している格安SIMはかなり少ないですが、実際の評判はどうでしょうか?

この記事では、b-mobileのメリット・デメリットを比較しながら、そこで気づいた魅力を紹介しています。

  • ソフトバンク回線ってちゃんと使えるの?
  • どんなプランがあるの?
  • 使っていて不便なこと、注意すべきことはある?

などの疑問も、すべてここで解決できます。
ソフトバンクで使いたい方、b-mobileってどんなところか気になる方は要チェックです。

僕と一緒に、どんな格安SIMなのか見ていきましょう!

b-mobile公式サイトはこちら

b-mobileのメリット

それではさっそく、b-mobileのメリットからチェックしていきましょう!
ここでは、格安SIM自体のメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、b-mobileだけの特徴や、より優れているところをピックアップしています。

b-mobileのメリット

  1. ソフトバンクのSIMロック解除しなくてもOK
  2. 音声通話(電話)も使える
  3. 従量課金に対応したプラン

ここから1つずつ、もっと詳しく説明していきますね!

【1】ソフトバンクのSIMロック解除しなくてもOK

SIMロック

ソフトバンクのSIMロックを解除しないで使えるのが、b-mobileの大きなメリットです。

ほとんどの格安SIMはドコモ回線なので、ソフトバンクのスマホでは使えません。
そんなときは、SIMロック解除する必要があります。

b-mobileは解除しなくてもOKなので、ソフトバンクの端末をそのまま使うことができます。

【2】音声通話(電話)も使える

音声通話

b-mobileは、データ通信だけでなく音声通話(電話)にも対応しています。

ソフトバンク回線に対応した格安SIMは、たった3~4社ほどしかありません。
その中で、電話に対応しているのは1~2社くらいです。

ソフトバンクのSIMロックを解除しないまま、電話もできる格安SIMはかなり少ないです。
b-mobileは電話もできるので、今までと変わらない使い勝手のまま利用できます。

【3】従量課金に対応したプラン

従量課金

b-mobileでは、従量課金プランに対応しています。

従量課金とは、使った量によって料金が変わるプランのことです。
つまり、多く使ったときには料金は高くなり、あまり使わないときには料金は安くなります。

月によって通信量が違うなら、料金を節約しやすくなるでしょう。

b-mobileのデメリットと解決策

メリットがわかったところで、デメリットもチェックしていきましょう。
ここでも、格安SIM自体のデメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、b-mobileにはない、劣っているという部分をピックアップしています。

b-mobileのデメリット

  1. ドコモ回線で大きなメリットはない
  2. シェアプランがない
  3. 使い放題・カウントフリープランがない

ここからもっと詳しく説明して、デメリットの解決策も提案していきます!

【1】ドコモ回線で大きなメリットはない

b-mobileにはドコモ回線も用意されていますが、こちらにはあまりメリットはありません。
特に大きな特徴もないので、あえてb-mobileのドコモ回線を選ぶ必要はないでしょう。

また、ドコモ回線ならいろいろな格安SIMから自由に選ぶことができます。
もっと人気だったり、目立った特徴がある格安SIMもたくさんあります。

もしドコモ回線が使えるなら、ほかの格安SIMもチェックしてみてはどうでしょうか?

【解決策】ほかの格安SIMも比較してみよう!

あなたのスマホがドコモ回線に対応しているなら、ほかの格安SIMも利用できます。
ドコモ回線に対応しているスマホは、この3種類です。

  1. SIMフリーで購入したスマホ
  2. SIMロック解除したスマホ
  3. ドコモのSIMロックがかかっているスマホ

もし対応していれば、ほかの格安SIMも比較してみましょう!

ちなみに、僕がおすすめしているドコモ回線の格安SIMは、この3種類です。

おすすめする理由は、メリットがはっきりしていて、利用者の評判がとても良いからです。
それぞれの格安SIMでは、SIMフリーのスマホをセット購入することもできます。

ソフトバンクのSIMロック解除したい方は、こちらも参考にしてみてください。

【2】シェアプランがない

b-mobileには、シェアプランがありません。

シェアプランとは、データ容量を家族やお友だちとわけあえるプランのことです。
他社では、データシェアがオプションで提供されていることもあります。

残念ながら、b-mobileにはシェアプラン・オプションのどちらもありません。
なので、データ容量を誰かとわけあうことはできません。

【解決策】データシェアできる格安SIMもチェックしよう!

どうしても誰かと容量をわけあいたいときは、ほかの格安SIMもチェックしてみましょう。

nuroモバイルなら、ソフトバンク回線で使えるうえにデータシェアも利用できます。
SIMロック解除しないまま使うなら、nuroモバイルも比較してみるといいかもしれません。

ドコモ・au回線でデータシェアを利用するなら、mineo(マイネオ)が便利です。
データ容量をわけあう方法が4種類もあって、すべて無料で使うことができます。

【3】使い放題・カウントフリープランがない

b-mobileには、使い放題やカウントフリーのプランがありません。

これらのプランは、対象サービスのデータ通信が使い放題になるというものです。
たとえば、LINEモバイルだと「LINE・SNS各種がカウントフリー」になっています。

b-mobileは特定のサービスが使い放題にならないので、使いすぎには注意が必要です。

【解決策】従量課金プランで対応しよう!

b-mobileの従量課金プランでは、使った量に応じて料金が変わります。

多く使ったときには料金は高くなり、あまり使わないときには料金は安くなります。
なので、使い放題にこだわりがなければ、そこまで気にしなくても大丈夫です。

あまりたくさん使わなければ、従量課金プランでも安く済ませることができます。

もしメインで使うのがLINEやSNSなら、LINEモバイルのほうがお得になるでしょう。
たくさん使えば使うほど、カウントフリーの効果は大きくなります。

メリット・デメリットのまとめ

b-mobileの魅力はソフトバンクのSIMロックを解除しなくても使えることです。

ソフトバンク回線で使える格安SIMはかなり少ないので、b-mobileは貴重な存在です。
音声通話(電話)ができるところは、ここも含めて2社くらいしかありません。

SIMロック解除しないままソフトバンク端末を使うなら、b-mobileを選ぶ価値はあるでしょう。

SIMフリーやドコモ回線の端末はどうなの?

SIMフリーやドコモ回線の端末なら、b-mobileを選ぶメリットは少ないです。

SIMフリーやドコモ回線なら、選べる格安SIMはたくさんあります。
あえてb-mobileにしなくても、もっと人気で特徴のある格安SIMから選ぶことができます。

僕がSIMフリー・ドコモ回線の方におすすめするときは、下の3つをまずは提案します。
それぞれメリットがはっきりしていて、使いみちに合わせて自由に選べるからです。

b-mobileのポイントは、ソフトバンク回線で使いたいかどうかが特に大事だと思います。
もしソフトバンクのスマホを使いたいときは、b-mobileを検討してみてはどうでしょうか?

b-mobileの料金と特徴

料金と特徴

対応回線 データ容量 価格帯
ソフトバンク
ドコモ
1GB~15GB 990~7,240円

b-mobile公式サイトはこちら

最低利用期間とか違約金はあるの?

格安SIMを使っていくうえで、最低利用期間や違約金は気になるところだと思います。

格安SIMには2年縛りはありませんが、最低利用期間が決まっていることが多いです。
b-mobileも例外ではなく、最低利用期間があります。

ここでは、最低利用期間と違約金を表でまとめました。
表を見てもらえれば、どんな内容なのかすぐにわかると思います。

音声通話 データ通信
最低利用期間 4ヶ月 なし
違約金 8,000円 0円
MNP転出手数料 3,000円 なし

音声通話プランのみ、最低利用期間が4ヶ月で、違約金は8,000円です。

平均的な最低利用期間は12ヶ月、違約金は1万円前後です。
ほかの格安SIMに比べて、b-mobileは条件がゆるくなっています。

最低利用期間を過ぎれば、そのあとはずーっと違約金はかかりません。
だから、5ヶ月以上使う予定だったらそこまで気にしなくても大丈夫です。

おすすめのプランはどれ?

まず前提として、b-mobileはソフトバンク回線で使うことを僕はおすすめします。
すでにお伝えしているとおり、ドコモ回線はほかにも選択肢がたくさんあります。

ソフトバンク回線として使うからこそ、b-mobileのメリットを最大まで活かすことができます。
ここから更にメリットを引き出せるのは、下の2つが揃ったときです。

  • 音声通話(電話)に対応
  • 従量課金プラン

これを踏まえて考えると、おすすめのプランを絞り込むことができます。

b-mobileのプラン

b-mobileのおすすめプランは、「990 ジャストフィット SIM」です。
くわしい料金については、下の表をチェックしてみてください。

1GB 2GB~10GBまで 10GB~15GBまで
基本料金
990円
1GBあたり増額
500円
1GBあたり増額
350円

このように、使ったデータ通信の量によって少しずつ増額されていきます。
ほとんど使わなければ、基本料金は990円だけです。

自動的に料金が変化するので、自分でデータ容量を選ばなくてもOKです。
データ容量で迷ってしまう方も、手軽に使えるのが便利ですね!

必要なデータ容量の目安としては、下の表が参考になると思います。
だいたいこんなイメージで、あなたがどのくらい容量を使うのか確認しておきましょう!

1GB~(ライトユーザー向け)
インターネットで検索する
LINEやTwitterをよく使う
ゲームをプレイする
動画を少しだけ見る
5GB~(ミドルユーザー向け)
ゲームをたくさんプレイする
動画をそれなりに見る
Instagramでたくさんの画像をアップする
10GB~(ヘビーユーザー向け)
動画をたくさん見る

ちなみに、2GB・5GBのどちらか固定の容量でよければ、nuroモバイルのほうが割安です。
従量課金プランはありませんが、料金が安いのがメリットと言えるでしょう。

決まった容量で使いたい方は、nuroモバイルも比較してみてはどうでしょうか?

b-mobileはどんな人に向いてる?

ここまでの内容で、あなたはどんな人にb-mobileが向いていると思いましたか?

僕が考えるb-mobileに向いている人は、

  • ソフトバンクのSIMロックを解除しないで使いたい
  • 音声通話も使いたい
  • 従量課金プランを使ってみたい

といった方です。
かなりピンポイントな目的に絞り込んだ格安SIMといえるでしょう。

b-mobileに向いてる人

ソフトバンクのスマホをそのまま使いたい方なら、b-mobileは満足できるはずです。

【まとめ】電話が使えるソフトバンク回線

b-mobileのポイントは、すごくシンプルです。
ソフトバンクのSIMロックを解除しないで、電話も使いたいときに便利な格安SIMです。

音声通話にも対応

あなたの使いみちに合わせて、b-mobileも検討してみるのはどうでしょうか?

b-mobile公式サイトはこちら

ドコモ回線も使ってみたいと感じている方へ

b-mobile以外の選択肢を探すなら、スマホを買い替えるかSIMロックを解除しましょう!

スマホの買い替えや格安SIMの乗り換えは、こちらでくわしく説明しています。

SIMロック解除の方法は、こちらが参考になると思います。