DMMモバイルの評判

DMMモバイルは、ドコモ回線に対応している格安SIMです。
業界最安値を大々的に告知していますが、実際の評判はどうでしょうか?

この記事では、DMMモバイルのメリット・デメリットを比較しながら、そこで気づいた魅力を紹介しています。

安さだけでなく、デメリットにも目を向けながら内容をまとめています。
サービス・機能などもチェックしながら、どんな使い方ができるのか見ていきましょう。

DMMモバイルが快適に使えるかどうか、僕と一緒にチェックしてみませんか?

DMMモバイル公式サイトはこちら

DMMモバイルのメリット

それではさっそく、DMMモバイルのメリットからチェックしていきましょう!
ここでは、格安SIM自体のメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、DMMモバイルだけの特徴や、より優れているところをピックアップしています。

DMMモバイルのメリット

  1. 業界最安値の料金プランがある
  2. バースト機能がある
  3. シェアコースがある
  4. SNSフリー・オプションがある
  5. 料金シミュレーターがある

ここから1つずつ、もっと詳しく説明していきますね!

【1】業界最安値の料金プランがある

安い

まずメリットとしてあげられるのが、業界最安値の料金プランです。

公式サイトの料金表にも、「最安」のラベルがプランにわかりやすく貼ってあります。
全プランが最安値ではありませんが、多くのプランが安くなっていることは確かです。

あなたが最安値にこだわっているなら、DMMモバイルは有力な候補になるでしょう。

【2】バースト機能がある

速度

DMMモバイルでは、バースト機能を無料で使うことができます。

バースト機能とは?

データ容量を使い切っても、通信し始めの一定量は高速通信できる機能です。
つまり、データ通信の最初だけ一気に速度が上がります。

標準で搭載されている機能なので、誰でも自動的にバースト機能が使えるようになっています。

WEBサイトを見たり、LINEやメールくらいだったらサクサク通信できるでしょう。
たとえデータ容量が足りなくなっても、問題なく使えるのは助かりますね。

ただ、さすがに動画とかゲームは厳しいです。
容量を使い切ってから動画を見たいときなどは、容量の追加オプションも検討しましょう。

【3】シェアコースがある

家族

DMMモバイルでは、家族向けのシェアコースがあります。

1つのプランで複数のSIMカードが使えるので、みんなで使いたいときに便利です。
まだ契約ができないお子さんも、お父さんやお母さん名義のプランで使うことができます。

注意点としては、最大で3枚までしかSIMカードを増やすことができません。
もし4枚以上のSIMカードが必要なら、別のプランを契約する必要があります。

あなたが使いたい枚数に合わせて、うまく活用してくださいね。

【4】SNSフリー・オプションがある

SNS

SNSフリー・オプションに加入すれば、たくさんのSNSが使い放題になります。
データ通信が使い放題なので、画像や動画もどんどんアップできます。

対象サービスは、この5つです。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Facebook Messenger
  • Instagram

月額たった250円なので、SNSをたくさん使うならお得に利用できるでしょう!

【5】料金シミュレーターがある

料金の計算

公式サイトには、簡単な料金シミュレーターが用意されています。
使いたいプランを選ぶだけなので、1分もかからずに料金がわかります。

さすがに業界最安値を告知しているだけあって、プラン料金はかなり安いです。
あなたが払っているスマホ代と比較すれば、どのくらい節約できるかチェックできますよ。

きっと、ビックリするくらい安くなると思います。

【DMMモバイル】料金シミュレーターを試してみる!

DMMモバイルのデメリットと解決策

メリットがわかったところで、デメリットもチェックしていきましょう。
ここでも、格安SIM自体のデメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、DMMモバイルにはない、劣っているという部分をピックアップしています。

DMMモバイルのデメリット

  1. 格安SIMのなかで一番!という機能がない
  2. シェアコースの最大枚数が少ない
  3. 別名義ではデータ容量をシェアできない

ここからもっと詳しく説明して、デメリットの解決策も提案していきます!

【1】格安SIMのなかで一番!という機能がない

DMMモバイルは、格安SIMのなかでは平均的な機能です。
特別に優れたサービスや独自のメリットがないので、大きな強みといえるものがありません。

なので、「こんな使い方ならDMMモバイルがいいよ!」というのが難しかったりします。

DMMモバイルがダメというわけではなく、ほかの格安SIMと比較しにくいということです。
比較してみると、どうしても独自のメリットを持った格安SIMよりも見劣りしてしまいます。

まんべんなく平均的な機能を使いたい方なら、DMMモバイルも向いていると思います。

【解決策】どんな使い方をしたいのかチェックしてみよう!

DMMモバイルは、電話やデータ通信をバランスよく使う方なら快適に使えるでしょう。

しかし、独自のサービスや大きな強みがハッキリとしていません。
特徴のある使い方をしてみたい方は、ほかの格安SIMも比較してみてはどうでしょうか?

あなたが求めている機能やオプションも、もしかしたら見つかるかもしれません。
例として、簡単におすすめの格安SIMも紹介しますね。

【2】シェアコースの最大枚数が少ない

DMMモバイルにはシェアコースがありますが、SIMカードの枚数は最大3枚までです。

これは、ほかの格安SIMと比べたらちょっと少なめです。
ほかの格安SIMなら、3枚以上の格安SIMを追加できます。

IIJmioなら、最大で10枚までSIMカードを増やすこともできます。
タブレットやモバイルルーターも使いたい方は、IIJmioのほうが使いやすいでしょう。

【解決策】どのくらい枚数が必要かチェックしよう!

最大3枚のSIMカードで十分なら、DMMモバイルでも問題ありません。
もっとSIMカードを追加したいときは、ほかの格安SIMも比較してみてください。

シェアプランがある格安SIMは、この3つです。

それぞれ特徴のある格安SIMなので、使い方に合わせて選んでみてはどうでしょうか?

【3】別名義ではデータ容量をシェアできない

DMMモバイルのシェアコースは、1つのプランをみんなで共有して使います。
一緒に暮らしている家族なら、シェアコースは使いやすいと思います。

しかし、別名義で契約したプラン同士では容量をシェアできません。
なので、友達や離れた家族とシェアするのは難しいでしょう。

【解決策】ほかの格安SIMも比較してみよう

残念ながら、DMMモバイルではどうやっても別名義で容量シェアはできません。
どうしても別名義でシェアしたいときは、ほかの格安SIMもチェックしてみましょう。

データシェアの機能が豊富な格安SIMを、1つだけピックアップします。
興味があれば、比較してみてくださいね。

メリット・デメリットのまとめ

メリット・デメリットをまとめると、実はDMMモバイルだけの独自機能はほとんどありません。
いろいろな格安SIMの良いところをすこしずつ取り入れた、バランスタイプといえます。

たとえば、バースト機能やシェアコースはIIJmioが有名です。
SNSのフリープランは、LINEモバイルが有名です。

バースト機能・シェアコース・SNSフリーは、どれもDMMモバイルも備えています。
バースト機能とSNSフリーのいいとこ取りといったこともできるでしょう。

DMMモバイルは、業界最安値を大々的に告知しています。
確かに、料金の安さは目を引くところが大きいです。

とにかく安い料金で使いたい方にとっては、DMMモバイルは魅力的な選択肢です。

公式サイトでは、最安値プランに「業界最安」のラベルが貼ってあります。
とてもわかりやすいので、安さ重視の方はぜひチェックしてみてください。

DMMモバイルの料金と特徴

料金と特徴

対応回線 データ容量 価格帯
ドコモ 1GB~20GB 480円~4,680円

DMMモバイル公式サイトはこちら

最低利用期間とか違約金はあるの?

格安SIMを使っていくうえで、最低利用期間や違約金は気になるところだと思います。

格安SIMには2年縛りはありませんが、最低利用期間が決まっていることが多いです。
DMMモバイルも例外ではなく、最低利用期間があります。

ここでは、最低利用期間と違約金を表でまとめました。
表を見てもらえれば、どんな内容なのかすぐにわかると思います。

音声通話 データ通信
最低利用期間 12ヶ月 なし
違約金 9,000円 0円
MNP転出手数料 3,000 なし

音声通話プランのみ、最低利用期間が12ヶ月で、違約金は9,000円です。
ほかの格安SIMと条件はあまり変わらず、平均的な内容です。

最低利用期間を過ぎれば、そのあとはずーっと違約金はかかりません。
だから、1年以上使う予定だったらそこまで気にしなくても大丈夫です。

おすすめのプランはどれ?

DMMモバイルでは、プラン選びはそこまで難しくありません。
いろいろな機能が少ない分だけ、選び方もかなりシンプルです。

基本的には、この2つをチェックしておけば大丈夫です。

  • 電話(音声通話)は必要かどうか
  • データ容量はどのくらい必要か

かけ放題・SNSフリーなどの機能は、オプションとして追加できます。

DMMモバイルのプラン

「業界最安」のラベルが貼ってあるプランは、間違いなく安いです。
迷ってしまうときは、ラベルありのプランから選びましょう!

データ容量で迷ってしまうときは、こちらを目安にしてみてください。

3GB~(ライトユーザー向け)
インターネットで検索する
LINEやTwitterをよく使う
ゲームをプレイする
動画を少しだけ見る
5GB~(ミドルユーザー向け)
ゲームをたくさんプレイする
動画をそれなりに見る
Instagramでたくさんの画像をアップする
10GB~(ヘビーユーザー向け)
動画をたくさん見る

あくまでも目安ですが、ざっくりと容量を決めることができると思います。
データ容量はあとから無料で変更できるので、気軽に選んでみてはどうでしょうか?

DMMモバイルはどんな人に向いてる?

ここまでの内容で、あなたはどんな人にDMMモバイルが向いていると思いましたか?

僕が考えるDMMモバイルに向いている人は、

  • とにかく安い料金で格安SIMを使いたい
  • 独自のサービス・機能はなくてもいい
  • シンプルに使えるならOK

といった方です。
安くてシンプルに使いたい方に、特におすすめです。

DMMモバイルに向いてる人

DMMモバイルには、独自のサービス・機能はあまり見当たりません。
あくまでも、ほかの格安SIMのいいとこ取りといった感じです。

それなりの機能を備えていて、とにかく料金が安いというのが最大の特徴といえます。
安さ重視の方なら、きっと満足できる格安SIMだと思います。

【まとめ】「業界最安値」は嘘じゃない

さすがに業界最安値と大々的に告知しているだけあって、料金は本当に安いです。
それでいて、サービスの質も決して悪くありません。

独自のサービス・機能は少なめですが、スマホとして必要な機能はバッチリ揃っています。

たとえば、かけ放題やSNSフリーもオプションとして加入できます。
機能を選んで、必要な方だけ自由に追加することが可能です。

業界最安値の料金プラン

あえて目立ったサービスを追加しないのも、料金をグッと抑えるためなのかもしれません。
そう考えれば、必要な機能だけ揃っていて、安く使うことができるのは嬉しいですよね。

安さを最大のウリにしているので、料金表もわかりやすく目立っています。
DMMモバイルに興味がある方は、まずは公式サイトをチェックしてみてはどうでしょうか?

DMMモバイル公式サイトはこちら