IIJmio

IIJmio(みおふぉん)は、ドコモ・auのどちらの回線にも対応している格安SIMです。
格安SIMに早くから参入している老舗ブランドですが、実際の評判はどうでしょうか?

この記事では、IIJmioのメリット・デメリットを比較しながら、そこで気づいた魅力を紹介しています。

IIJmioの強みとはなにか、どんな人に向いてるのか、わかってもらえるはずです。
また、向いていない人もここで明らかになっていきます。

もし興味があれば、どんな格安SIMなのか一緒にチェックしてみませんか?

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmio(みおふぉん)のメリット

それではさっそく、IIJmioのメリットからチェックしていきましょう!
ここでは、格安SIM自体のメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、IIJmio(みおふぉん)だけの特徴や、より優れているところをピックアップしています。

IIJmioのメリット

  1. データ通信のバースト機能が使える
  2. 充実したファミリーシェアプラン
  3. データ通信の大容量オプションがある
  4. セット購入できるスマホの種類が多い
  5. 端末保証があるから安心

ここから1つずつ、もっと詳しく説明していきますね!

【1】データ通信のバースト機能が使える

速度

IIJmioの大きな特徴は、バースト機能が使えることです。

バースト機能とは?

データ容量を使い切っても、通信し始めの一定量は高速通信できる機能です。
つまり、データ通信の最初だけ一気に速度が上がります。

もしデータ容量がなくなっても、少ないデータ通信だったら快適に使えます。
たとえば、サイト表示・メール・LINEくらいなら、そこまで不便には感じないでしょう。

つい動画を見すぎてしまったり、もしもの時に助かる機能ですね!

【2】充実したファミリーシェアプラン

家族

IIJmioのファミリーシェアプランは、ほかの格安SIMよりも充実した内容です。

ファミリーシェアプランとは?

1人が契約するだけで、複数のSIMカードを使うことができるプランのことです。
支払い先をまとめて、データ容量をみんなで共有できるのが大きな特徴です。

ほかの格安SIMでは、最大5枚までのSIMカードを発行できるところが多いです。

IIJmioでは、最大10枚までSIMカードを発行できます。
音声通話は5回線までですが、データ通信も含めると合計10枚までOKです。

たとえば、以下のような使い方もできます。

音声通話5枚・データ通信2枚
5人でスマホ用の音声通話SIMを使う
タブレット用にデータ通信SIMを使う
モバイルルーター用にデータ通信SIMを使う

家族みんなで使ったり、タブレットやモバイルルーターも一緒に使うことができます。

たくさんのSIMカードが必要な方にとって、便利でお得に使えるプランになってますよ。

【3】データ通信の大容量オプションがある

ギガ

もしデータ通信の容量が足りなくても、IIJmioには大容量オプションがあります。
20GB・30GBのオプションがあって、最大で50GBを追加することができます。

これだけの大容量は、ほかの格安SIMではなかなか追加できません。

たくさんの動画を見たり、テザリングしたり、家族みんなで使いたいときでも安心ですね。

テザリングとは?

スマホ回線を使って、パソコンやタブレットをインターネットにつなげることです。
外出先でも、スマホがあればパソコン・タブレットでもネットが見れるようになります。

ちなみに、IIJmioではテザリングに一切制限はありません。
もしテザリングを使いたいときは、スマホで設定するだけでOKです。

【4】セット購入できるスマホの種類が多い

スマートフォン

セット購入できるスマホがたくさんあるのも、IIJmioの特徴の1つです。
幅広いラインナップがあるので、好みに合わせて選びやすくなっています。

また、タブレットやWi-Fiルーターも取り扱っています。
ファミリーシェアプランに合わせて、ほかの端末を一緒に買うこともできますね。

もしセット購入を検討していたら、まずラインナップをチェックしてみるのどうでしょうか?

【5】端末保証があるから安心

保証

たくさんの端末から選べるだけでなく、しっかりとした端末保証に入ることもできます。
画面割れや水濡れなど、いろいろなトラブルに対処できます。

もしそのまま使うのが不安な方は、端末保証にも入っておくと安心です。
保証の内容は、こんな感じになっています。

購入・持ち込み
月額料金 500円
修理代金 0円
交換代金 1回目 4,000円
2回目 8,000円
保証上限額 50,000円

保証の条件として、申し込み時点から発売日が2年以内の端末という点には注意してください。
あまりにも古いスマホだと、保証の対象にならない場合があります。

IIJmio(みおふぉん)のデメリットと解決策

メリットがわかったところで、デメリットもチェックしていきましょう。
ここでも、格安SIM自体のデメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、IIJmio(みおふぉん)にはない、劣っているという部分をピックアップしています。

IIJmioのデメリット

  1. マニュアル・説明書がわかりにくい
  2. 別名義で契約したときは、データ容量をシェアできない
  3. 使い放題・カウントフリープランがない

ここからもっと詳しく説明して、デメリットの解決策も提案していきます!

【1】マニュアル・説明書がわかりにくい

残念ながら、IIJmioのマニュアルは不親切といわざるをえません。
最低限のことしか書かれていないので、ある程度は自分でできる方向けです。

公式サイトも情報量が多くて、どこから調べたらいいのか迷ってしまうかもしれません。

IIJmioはとても便利ですが、僕個人としては初心者の方に強くおすすめはできないです。

【解決策】マニュアルがわかりやすい格安SIMも比較してみよう

調べることが苦手な方は、ほかの格安SIMのほうが安心して使えると思います。

初心者の方に特におすすめの格安SIMは、mineo(マイネオ)です。
画像付きマニュアルがすごくわかりやすくて、誰でもかんたんに設定できます。

その次におすすめの格安SIMは、楽天モバイルです。
わかりやすいマニュアルと、楽天会員の方にお得なサービスが特徴です。

【2】別名義で契約したときは、データ容量をシェアできない

IIJmioでは、別名義で契約したときはデータ容量をシェアできません。
たとえば、1人ずつ自分の名義で契約した場合は、容量をわけあうことは不可能です。

容量をシェアできるのは、代表者1人が契約したプランにSIMカードを追加したときだけです。

別々の名義で使いたいときには、データシェアできないという点に注意してください。

【解決策】ほかの格安SIMも比較してみよう!

別々の名義で契約して、みんなでデータ容量をわけあうにはどうすればいいでしょうか?
この場合は、ほかの格安SIMも比較してみましょう。

特に使いやすいのはmineo(マイネオ)で、4種類のデータシェアを無料で利用できます。
誰とでもいろいろな方法でシェアできるので、かなり便利に使えるでしょう。

ほかにはLINEモバイルなら、LINEアプリを使ってデータ容量をプレゼントできます。
LINEモバイルのユーザー同士なら、無料でデータシェアできますよ。

楽天モバイルもデータシェアできますが、こちらは有料オプションです。
5人までグループに入ってシェアできるので、楽天会員の方におすすめです。

【3】使い放題・カウントフリープランがない

IIJmioには、使い放題・カウントフリーのプランがありません。
特定のサービスをがっつり使いたい方は、データ容量を多めにしておく必要があります。

カウントフリーとは?

対象サービスのデータ通信をカウントしないプランのことです。
つまり、対象サービスならデータ通信が使い放題になります。

【解決策】データ容量をオプションで追加しよう!

たくさんのデータ通信をするときは、容量をオプションで追加する方法があります。

100MBごとに追加するオプションや、メリットでお伝えした大容量オプションもあります。

100MBのほうは、料金が200円でちょっと割高です。
一時的にデータ通信が増えてしまったときだけ、100MBごとに追加するのがいいと思います。

20GB・30GBのほうは、大容量だけあって割安な料金になっています。
毎月たくさんのデータ通信をするなら、こちらのほうがお得に使えるはずです。

20GB・30GBの料金は、こちらの表をチェックしてみてください。

データ容量 月額料金
20GB 3,100円
30GB 5,000円
20+30GB 8,100円

メリット・デメリットのまとめ

IIJmio(みおふぉん)の魅力はたくさんのプランやオプションが用意されていることです。

ファミリーシェアプランや大容量オプション、さらには充実した端末ラインナップと端末保証もあります。

自由度が高くて、あなた好みに使えるのが大きなメリットでしょう。
そのかわり、シンプルさ・わかりやすさは微妙です。

あまり調べるのが得意でなかったり、わかりやすさ重視の方には、IIJmioはおすすめしません。
わかりやすさ重視なら、mineo(マイネオ)が間違いなくトップです。

どちらかといえば、自分で調べるのが得意で、誰かに聞かなくても使える人向きだと思います。
プランやオプションを比較しながら、あなたの使い方に合わせて組み合わせていきましょう!

IIJmio(みおふぉん)の料金と特徴

対応回線 データ容量 価格帯
ドコモ
au
3GB~60GB 900~10,000円以上

IIJmio公式サイトはこちら

最低利用期間とか違約金はあるの?

格安SIMを使っていくうえで、最低利用期間や違約金は気になるところだと思います。

格安SIMには2年縛りはありませんが、最低利用期間が決まっていることが多いです。
IIJmio(みおふぉん)も例外ではなく、最低利用期間があります。

ここでは、最低利用期間と違約金を表でまとめました。
表を見てもらえれば、どんな内容なのかすぐにわかると思います。

音声通話 データ通信
最低利用期間 12ヶ月 なし
違約金 最大12,000円※1 0円
MNP転出手数料 3,000 なし
※1 違約金について

違約金が毎月1,000円ずつ減額されていきます。
例)6ヶ月目に解約した場合、違約金は7,000円です。

音声通話プランのみ、最低利用期間が12ヶ月で、違約金は最大12,000円です。

IIJmioは、違約金の計算がほかとは大きく違っています。
毎月すこしずつ減額されていくので、より柔軟な対応になっているといえます。

条件については、そこまで厳しくないけど、ゆるくもないといった感じです。

最低利用期間を過ぎれば、そのあとはずーっと違約金はかかりません。
1年以上使う予定なら、そこまで気にしなくても大丈夫です。

おすすめのプランはどれ?

さて、IIJmio(みおふぉん)はたくさんのプランやオプションから選べるのが魅力だとお伝えしました。

それでは、どんなプランがおすすめなのでしょうか?

あなたの使い方によって大きく変わりますが、ほとんどの場合で音声通話機能付きSIMを選んでおけばOKです。

IIJmioのプラン

それに加えて、あなた好みのオプションを付けてみたり、いろんな機種を選んでみるのがいいと思います。

IIJmioのプランでは、あなたの使いたいデータ容量を選びます。
データ通信量の目安として、こんな感じでまとめました。

3GB~(ライトユーザー向け)
インターネットで検索する
LINEやTwitterをよく使う
ゲームをプレイする
動画を少しだけ見る
6GB~(ミドルユーザー向け)
ゲームをたくさんプレイする
動画をそれなりに見る
Instagramでたくさんの画像をアップする
10GB~(ヘビーユーザー向け)
動画をたくさん見る

これはあくまでも、1人で使うときの目安です。
もしファミリーシェアプランなら、利用する人数分だけ通信量が増えていきます。

IIJmioの場合は、このプランがベスト!とはなかなか決められません。
プラン・オプションの自由度が高いので、あなたに合わせて使うことこそベストだと思います。

IIJmio(みおふぉん)はどんな人に向いてる?

ここまでの内容で、あなたはどんな人にIIJmioが向いていると思いましたか?

僕が考えるIIJmioに向いている人は、

  • たくさんのデータ容量が欲しい!
  • 家族みんなで使いたい!
  • タブレット・モバイルルーターも使いたい!

といった方です。
がっつりと使い倒したい方や、家族で使いたい方におすすめです。

IIJmioに向いてる人

IIJmioは、プラン・オプションが豊富にそろっています。
シンプルさはちょっと劣りますが、スマホに慣れている方ならきっと大丈夫だと思います。

好きなようにプランを選んだり、オプションを組み合わせたりできるのは大きな魅力です。

ほかの格安SIMではできないような使い方も、IIJmioだったらできるかもしれません。
あなたの使い方にあわせて、プランやオプションを比較してみるのはどうでしょうか?

【まとめ】プラン・オプションを厳選しよう!

IIJmio(みおふぉん)は、かなり初期のころから格安SIMに参入していた老舗ブランドです。
だからこそ、多くの実績を積み上げてきました。

プランやオプションの豊富さも、これまでユーザーから求められてきたからだと思います。
そこから、どんなプラン・オプションを選びぬくのかはあなた次第です。

あなたの希望に合わせて、かなり柔軟に対応していくことができます。

家族で使うのもOK

最初はとっつきにくいかもしれませんが、サービスの質が高いのは間違いありません。
あなた好みの使いやすさに、きっと馴染んでいくと思いますよ。

もし興味があれば、まずはIIJmioの公式サイトから見てみませんか?
たくさんの情報がところ狭しと並んでいて、いろんな使い方が見つかるはずです。

IIJmio公式サイトはこちら