IMEIの確認

iPhoneやAndroidのスマートフォンには、IMEI(製造番号)が割り振られています。
端末ごとに番号が違うので、あなたが使っているスマホのIMEIも調べなければわかりません。

この記事では、

  • 箱のラベルでIMEIを確認する方法
  • スマホの設定からIMEIを確認する方法
  • どんなときにIMEIが必要なのか?

を、すべてまとめて紹介しています。
画像付きなので、だれでも簡単に確認できると思います。

実は、IMEIが必要になることはそれほど多くありません。
いつ必要になるのか知っておけば、いざという時に落ち着いて対処できるはずです。

【iPhone・Android】箱のラベルで確認する方法

箱で確認

もしあなたが、今使っているスマホの箱を持っていれば、確認するのはすごく簡単です。

ほとんどのスマホの箱には、IMEIが書かれたラベルが貼られています。
そこをチェックすれば、スマホを操作しなくてもすぐに番号がわかります。

それでは、箱のどの辺を見ればいいのか、画像を見ながらチェックしていきましょう!
僕が今持っているのはiPhoneなので、iPhoneの箱を使って説明しますね。

スマホが入っていた箱の側面・裏面をチェックする

基本的に、箱の側面か裏面のどちらかにラベルが貼られています。
いろいろな番号が書かれているので、すぐにわかるはずです。

iPhoneの場合は、裏面にラベルが貼られています。

iPhone 裏面

ラベルのサンプルはこちら。

IMEI サンプル

この15桁の番号が、IMEI(製造番号)です。
箱をひっくり返してみるだけなので、操作が苦手な方にもおすすめの方法ですね。

iPhoneでIMEIを確認する方法

設定から確認

もし箱を持っていなかったり、捨ててしまったときには設定画面から確認しましょう!

iPhone・Androidのどちらでも確認できるので、安心してくださいね。
まずはiPhoneの確認方法から説明していきます。

iPhoneの設定画面でチェックするので、まずはホーム画面の設定アイコンをタップしましょう。

設定アイコン

次に、ちょっとだけ下にスクロールして「一般」という項目をタップします。

一般をタップ

次に、一番上にある「情報」という項目をタップします。

情報をタップ

いろいろな情報がたくさん並んでいるので、下のほうへスクロールします。
すると「IMEI」という項目があるので、そこをチェックしてください。

IMEIが表示

15桁の数字が並んでいるはずです。
これがIMEIで、あなたのiPhoneだけに割り振られた唯一の番号です。

IMEIであなたのiPhoneが特定できてしまうので、不用意に公開しないようにしてくださいね。

AndroidでIMEIを確認する方法

設定から確認

次は、AndroidのスマホでIMEIを確認する方法です。

僕はAndroidのスマホを持っていないので、今回は家族に貸してもらいました。
ここでは、ZenFoneという機種のメニュー画面で説明しています。

ほとんどのAndroidで似たようなメニュー画面ですが、微妙に項目名が違ったりします。
例)「端末の状態」が「端末状態」だったりする

もし項目名がちょっと違っても、そのまま気にせず進めてみてください。
それでは、まずは設定画面を開くためにホーム画面の設定アイコンをタップしましょう。

設定アイコン

次に、下のほうまでスクロールして「端末情報」という項目をタップします。

端末情報をタップ

次に、「端末の状態」という項目をタップします。

端末の状態をタップ

次に、「IMEI情報」という項目をタップします。

IMEI情報をタップ

すると、「IMEI」という項目があるので、その番号をチェックしてください。

IMEIが表示

「IMEI」には、15桁の番号が表示されています。
このIMEIが、あなたのスマホだけに割り振られた唯一の番号です。

iPhoneと同じように、この番号であなたの端末が特定できます。
不用意に公開しないように注意してくださいね。

どんなときにIMEIは必要なの?

IMEIはいつ必要?

ここまで、どうやってIMEIを確認すればいいのか説明してきました。

では、そのIMEIはどんなときに使うのでしょうか?
実は、IMEIが必要なときって、それほど多くはありません。

基本的には、次の3つのパターンでIMEIが必要になります。

  1. スマホの保証・問い合わせをするとき
  2. 自分でSIMロック解除の手続きをするとき
  3. ネットワーク利用制限の状態を調べるとき

1つずつ、順番に説明していきますね。

【1】スマホの保証・問い合わせをするとき

まず1つめは、あなたが使っているスマホの保証や問い合わせのときに必要です。

メーカーに電話で問い合わせするなら、自分でIMEIを調べなければいけません。
ショップなら店員さんが調べてくれるので、自分で調べなくても大丈夫です。

僕もiPhoneの修理保証を受けたときに、メーカーからIMEIを聞かれました。
スマホの保証・問い合わせをするときには、あらかじめIMEIを確認しておくとスムーズです。

【2】自分でSIMロック解除の手続きをするとき

2つめは、自分でSIMロック解除の手続きをするときに必要です。

IMEIを調べて自分でSIMロック解除すれば、手数料はかかりません。
なので、スマホの操作に慣れている方はやってみてもいいかもしれません。

ちょっと難しそうかな?と感じたら、無理せずにショップに頼むようにしましょう。
ショップでSIMロック解除してもらうなら、IMEIは調べなくてもOKです。

手数料は3,000円かかりますが、店員さんにすべておまかせできます。

SIMロック解除の方法は、以下の記事でもっとくわしく説明しています。
興味がある方は、チェックしてみてくださいね。

【3】ネットワーク利用制限の状態を調べるとき

3つめは、ネットワーク利用制限の状態を調べるときに必要です。

ネットワーク利用制限とは?

スマホを分割払いで購入したときに、ネットワーク利用制限の仮状態になります。(表示 △)
端末代の支払いが終われば、利用制限はすべて解除されます。(表示 ○)

ネットワーク利用制限は、主にスマホを分割払いで購入したときに発生します。
あなた自身がスマホを購入して、しっかり支払いを続けていれば気にしなくてOKです。

ネットワーク利用制限は、どんなときに注意すればいいの?

中古のスマホを購入するときなど、利用制限には注意したほうがいいですね。
もし前のユーザーが支払いをしないまま放置していたら、制限される可能性が高いです。

制限されてしまうと、インターネットなどのデータ通信がほぼできなくなります。
また、一度制限されてしまったら二度と解除することはできません。

僕の個人的な意見としては、できるだけ中古スマホはやめておいたほうがいいと思います。
確かに安いかもしれませんが、トラブルの原因がかなり多いです。

【まとめ】必要なときにIMEIを確認できればOK

IMEIは、すべての人が知っておく必要はありません。
あなたがやりたい手続きに必要なときだけ、IMEIをチェックすれば大丈夫です。

最後に紹介した3つの手続きのうち、1つでも当てはまりそうなら知っておいて損はありません。

3つの手続き

  • スマホの保証・問い合わせ
  • 自分でSIMロック解除の手続き
  • ネットワーク利用制限の状態チェック

あなたの希望や目的にあわせて、IMEIを調べるようにするのがベストではないでしょうか?

IMEIと格安SIMってなにか関係はあるの?

IMEI(製造番号)は、格安SIMを使うときになにか関係はあるのでしょうか?

実は、IMEIと格安SIMにはなにも関係はありません。
ここまでの説明を見てわかってもらえたとおり、格安SIMの乗り換えにIMEIは不要です。

格安SIMって難しい単語がおおくて、どうすればいいのかわからなくなりませんか?

難しく感じる理由は、いろいろな情報がバラバラになっているからです。
そこで、格安SIMへ乗り換える条件・方法をすべてひとまとめにした記事を書きました。

必要なことだけをぎゅぎゅっと凝縮して、誰にでもわかりやすく説明しています。