格安SIMの支払い方法

格安SIMを使おうと思ったとき、どんな支払い方法があるのか気になりませんか?
クレジットカードだけでなく、自分に合った支払い方法を探したい方も多いと思います。

この記事では、格安SIMのいろいろな支払い方法をまとめて紹介しています。

どの支払い方法が便利に使えるのか、1つずつチェックしてみましょう!

格安SIMはクレジットカード払いがおすすめ

すべての支払い方法をまとめるまえに、一番大事なことからお伝えします。

格安SIMの支払い方法は、基本的にはクレジットカードがほとんどです。
なので、クレジットカードで支払うのが一番かんたんなのは間違いありません。

僕もmineo(マイネオ)という格安SIMを使っていて、支払いはクレジットカードです。
料金が自動的に引き落としされて、ポイントも貯まるので一石二鳥といえます。

格安SIMはクレカ払いがおすすめ

もしあなたがクレジットカードを持っていれば、僕ならクレカ払いをおすすめしたいです。

とはいえ、クレジットカードはなんとなく使いたくない方もいるかもしれません。
また、未成年の方はクレカを作りたくても作れないと思います。

そんなときには、クレカ以外の方法や、家族でまとめて支払いする方法も見てみましょう!

クレジットカード以外の支払い方法とは?

それでは、クレジットカード以外の支払い方法もチェックしてみましょう。

念のため先にお伝えすると、どの格安SIMもクレカ以外の支払いは「例外」に近いです。
たとえ対応していたとしても、面倒な手続きが必要なことがあります。

また、登録のときに必ずクレジットカードが必要な格安SIMも多いです。
クレジットカードで登録してから、別の支払い方法に変更するというパターンもあります。

面倒な手続きだとしても、それでも大丈夫な方だけクレカ以外の支払い方法を検討しましょう。

口座振替

口座振替

一部の格安SIMでは、口座振替にも対応しています。
対応しているのは、こんな格安SIMです。

楽天モバイル
毎月100円の手数料がかかる
mineo(マイネオ)
eo光ネット利用者で、口座振替を選択している場合のみ
OCNモバイルONE
電話での申し込みが必要
BIGLOBEモバイル
データ通信専用SIMのみ
ワイモバイル
クレカで申し込み後に、My Y!mobileから口座振替の申込書を取り寄せる

どれも条件付きなので、口座振替にしたい方はよく注意してくださいね。

5つのなかでも、マイネオ・OCNモバイルONE・ワイモバイルの条件がかなり面倒です。

おすすめの格安SIMと口座振替の条件について

楽天モバイル

結論からお伝えすると、5つのなかでおすすめの格安SIMは楽天モバイルです。

毎月100円の手数料がかかりますが、どこよりも面倒な手続きが少ないです。
口座振替の条件を考えたら、楽天モバイルが一番現実的な気がします。

楽天モバイルの支払い方法をみる

楽天モバイル以外の格安SIMについて、口座振替の条件をまとめます。
それぞれ比較しながら、あなたに合った格安SIMを探してみてはいかがでしょうか?

マイネオ

mineo

マイネオは、eo光ネット(インターネット)の固定回線を利用していなければいけません。
この時点で、かなり敷居が高くなっています。

すでにeo光ネットを利用している方は、選択肢の1つになるでしょう。

マイネオの詳細をみる

OCNモバイルONE

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEは、電話で口座振替の申し込みをしたあとに、申込用紙が送られてきます。
その用紙に記入して返送してから、口座振替の審査が始まります。

申し込んでからSIMカードが届くまで、だいたい2~3週間くらいかかるでしょう。
時間がかかっても構わなければ、OCNモバイルONEも候補になると思います。

OCNモバイルONEの詳細をみる

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの場合は、データ通信専用SIMのみが口座振替に対応しています。
電話ができないSIMカードなので、普段使いのスマホには向いていません。

スマホではなく、タブレットやモバイルルーターで使いたい方に向いています。

BIGLOBEモバイルの詳細をみる

ワイモバイル

Y!mobile

ワイモバイルは、申し込み時にクレジットカードが必要です。
申し込みしたあとに、My Y!mobileから口座振替の申込書を取り寄せることができます。

まずはクレカで登録してもOKなら、ワイモバイルも候補の1つになります。
無制限のかけ放題もあるので、興味がある方も多いのではないでしょうか?

ワイモバイルの詳細をみる

デビットカード

デビットカード

デビットカードに対応している格安SIMも、1つだけあります。

楽天モバイル
楽天銀行デビットカード
スルガ銀行デビットカード

楽天モバイルでは、「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」の2種類に対応しています。

それ以外も使える可能性はありますが、公式で発表されているのは2種類のみです。

楽天モバイル以外の格安SIMでは、デビットカードの対応は公表されていません。
なので、もしデビットカードが使えたとしても、予告なく使えなくなる可能性があります。

どうしてもデビットカードで支払いをしたいときには、楽天モバイルを使うようにしましょう。

クレカ以外の支払い方法まとめ

クレジットカード以外には、口座振替やデビットカードといった支払い方法があります。

支払い方法をまとめた結果、クレカ以外で使うなら楽天モバイルがよさそうです。
ほかの格安SIMは条件が厳しかったり、そもそも対応していないことのほうが多いです。

楽天モバイル

柔軟な支払い方法に対応している格安SIMは、現状では楽天モバイルだけといえます。
もし興味があれば、まずは公式サイトや評判をチェックしてみてはどうでしょうか?

楽天モバイルの支払い方法をみる

クレカを作れない未成年者はどうすればいいの?

未成年の方は、クレジットカードが作れないことが多いのではないでしょうか?
そんなときは、お父さんやお母さんが名義人になれば大丈夫ですよ。

家族みんなで使うときなど、代表者1人に支払いをまとめることができます。
なので、お父さんやお母さんがクレカ払いにするだけでOKです。

代表者1人だけが名義人になる

クレジットカードを持っている人の名義で登録して、家族のSIMカードを追加できます。
複数回線にして、1人ずつプランを別にすることも可能です。

ちょっと細かいお話しになってしまうので、くわしい内容は別の記事で紹介しています。
家族みんなで支払いをまとめたい方は、こちらもチェックしてみてください。

【まとめ】なるべくならクレカ払いにしよう!

ここまでの内容をまとめると、クレジットカード以外の支払い方法はかなり限られています。

口座振替やデビットカードも選べますが、使いやすいのは楽天モバイルくらいでしょう。
ほかの格安SIMだと、条件が厳しかったりするので選びづらいです。

格安SIMの場合は、やっぱりクレジットカードでの支払いが主流となっています。
抵抗がある方もいるかと思いますが、思い切って使ってみるのもいいかもしれません。

というのも、僕も以前はインターネットでクレカなんて使いたくないと思っていたからです。
今では、むしろクレジットカードじゃないと不便だと感じるくらいです。

クレジットカードはかなり便利

もしあなたに抵抗がなければ、クレカ払いを使ってみるのはどうでしょうか?
いろいろな格安SIMを自由に比較できるし、あなたに合った選び方ができるはずです。

クレカ以外で支払いをしたいときは、楽天モバイルをチェックしてみてはどうでしょうか?
どこよりも自由に、いろいろな支払い方法から選ぶことができます。

格安SIM シェアNo1

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルの支払い方法をみる