SMSの必要・不要をパターン別に紹介

格安SIMには、SMS機能付きSIM・データ専用SIM・音声通話SIMの3種類があります。
このなかで、SMSの機能って必要なのでしょうか?

この記事では、格安SIMにSMSは必要なのか、どんな選び方をすればいいのか紹介しています。

あなたの目的に合わせて選べば、きっと便利で快適に使えるはずです。
僕と一緒に、どんな使い方ができるのかチェックしていきましょう!

SMSは必要?不要?パターン別に紹介!

まずは、どんなときにSMSが必要で、どんなときに不要なのか紹介していきます。

SMSが必要なのってどんなとき?

SMSと聞くと、メッセージのやり取りをあなたも想像できるかと思います。
実はそれだけではなくて、ほかの使い方・機能もあります。

では、SMSでどんなことができるのでしょうか?

アプリ・サービスの会員登録

LINE

よくある使い方が、アプリやサービスの会員登録です。
最近はSMSで認証するアプリが増えてきたので、SMSがないと使えないこともあります。

たとえばLINEやメルカリなどは、SMS認証が必要です。
スマホでいろいろなアプリを使いたい方は、SMSがあったほうがいいと思います。

スマホのアンテナピクトが必要なとき

Android

スマホでアンテナピクトを確認したいときは、SMSの機能が必要です。
アンテナピクトとは、4本の線で電波の強さを示しているアイコンのことです。

アンテナピクト

アンテナピクトに対応しているのは、SMS機能付きSIM・音声通話SIMだけです。
電波の強さをチェックしたい方は、このどちらかのSIMカードを選ぶのがいいと思います。

SMSが不要なのってどんなとき?

SMSがないSIMカードとは、データ専用SIMのことです。
SMS機能付きSIMとの違いは、SMSの有り無しだけです。

それでは、SMSがなくてもいいのはどんなパターンでしょうか?

スマホのデータ通信だけを使うとき

データ通信

スマホでデータ通信以外を使わなければ、SMSがなくても大丈夫でしょう。
たとえば、インターネットや動画を見るだけならデータ専用SIMでもOKです。

ただ、アプリを使うときには注意が必要です。
SMS認証が必要なアプリの場合は、会員登録ができないこともあります。

タブレットPCやモバイルルーターを使うとき

モバイルルーター

タブレットPCやモバイルルーターで、データ通信だけを使うときにもSMSは不要でしょう。

タブレットPCでは、SMSに対応していないことがほとんどです。
認証が必要なアプリを使いたいときは、スマホでSMSを受信すればOKです。

モバイルルーターでは、SMSを使う機会はまったくありません。
データ専用SIMを使ったほうが、安くて快適ですよ。

SMS機能付きSIMのメリット

SMS機能付きSIMは、ほかのSIMカードと比べてどんなメリットがあるでしょうか?

実は、SMS機能付きSIMのメリットはそれほど多くありません。
SIMカードごとの機能を、一覧表でまとめます。

SMS機能付きSIM 音声通話SIM データ専用SIM
データ通信
SMS機能 ×
アプリの認証 ×
アンテナピクト ×
音声通話 × ×

ほとんどの方は、音声通話SIMを使ってスマホを利用していると思います。
音声通話SIMならSMSも使えるので、電話を使いたい方は特に意識しなくても大丈夫です。

また、誰かと連絡したいときには、SMSはあったほうがいいです。
たとえSMSでやり取りしなくても、アプリの会員登録で必要だからです。

もしSMSなしで連絡を取りたいときには、メールを使うことになります。

SMS機能付きSIMとデータ専用SIMの違い

SMS機能付きSIMとデータ専用SIMは、SMS用の電話番号があるかないかの違いだけです。
それ以外は、どちらも同じような機能になっています。

気を付けたい点としては、スマホのアンテナピクトに影響があるところです。

アンテナピクト

データ専用SIMを使っているときは、アンテナピクトは正常に動作しない可能性があります。
アンテナピクトが動作するのは、SMS機能付きSIM・音声通話SIMの2つだけです。

これは仕組み上どうしても避けられないので、アンテナピクトを表示したい方はデータ専用SIMはやめておきましょう。

データ専用SIMがおすすめなのは、タブレットやモバイルルーターです。
どちらもSMSを使うことがあまりないので、データ専用SIMなら安く済ませることができます。

SMS機能付きSIMの選び方

ここまでお話ししてきたとおり、SMS機能付きSIMの用途はかなり限られてきます。

スマホでは音声通話SIMを使うことが多いし、スマホ以外ならデータ専用SIMでも十分です。
では、どんなときにSMS機能付きSIMを選んだらいいのでしょうか?

その答えは、スマホで音声通話を使わないときです。
そんなことあるの?と思うかもしれませんが、実は僕がそういう使い方をしていました。

SMS機能付きSIMを使っていた体験談

ここでは簡単に、僕がSMS機能付きSIMを使っていたときのことをお話しします。

電話をしたいときは、音声通話ではなくIP電話を使っていました。
連絡手段は、フリーメールとLINE・Skypeです。

使えることは使えるのですが、かなりの不便を強いられるのは覚悟したほうがいいと思います。

というのも、IP電話はあきらかに音質が悪いからです。
僕も試しに使ってみましたが、料金の安さよりも不便さのほうが強く感じました。

CSipSimple

それでもIP電話が気になる方は、こちらも参考にしてもらえると思います。

ただ僕個人の意見としては、IP電話メインで使うのはちょっと厳しいと思ってます。

僕は今でもIP電話を使っていますが、あくまでもサブとして利用しているだけです。
いつもの連絡手段としては、クリアに聞こえる音声通話ばっかり使っています。

【まとめ】格安SIMの使い方に合わせて選ぼう!

SMSが必要かどうかは、あなたがどんな使い方をするのかで変わってきます。

格安SIMは、スマホ・タブレットPC・モバイルルーターなどの端末で利用できます。
まずは、どの端末で格安SIMを使うのかチェックしましょう。

そして、その端末でどんな使い方をするか想像してみてください。

  • 音声通話は使う?
  • SMSのやり取りはする?
  • アプリの認証はする?
  • スマホのアンテナピクトは必要?

などなど、この記事でまとめたことをチェックリストで確認してみるのがいいと思います。

僕個人としては、スマホで使うなら音声通話SIMをおすすめしたいです。
実際にSMS機能付きSIMを使っていたからこそ、スマホでの不便さを実感しています。

タブレットPC・モバイルルーターでは、SMS機能がないことがほとんどです。
そんなときは、データ専用SIMが安くて最適だと思います。

あなたの目的や使い方にあわせて、ベストな格安SIMを選んでくださいね!