SIMロック解除

スマートフォンのSIMロック解除は、格安SIMを使うときに重要なポイントです。

解除するとどんなことが起きるのか、不安を感じる方もいるかもしれません。
そんな不安も、ここできっと解決できると思います。

ちなみに、SIMロック解除しなくても格安SIMを使うことは可能です。
このあたりの仕組みも、ここでくわしく説明していきます。

SIMロック解除とは?どんなことをやっているの?

キャリアで購入したスマホには、SIMロックというものがかかっています。

キャリアとは?

ドコモ・au・ソフトバンクなど、携帯電話の会社のことです。

SIMロックとは?

キャリアによって、同じ回線だけでしか使えないように制限されていることです。

難しく考える必要はないので、大まかに知っておけばOKです。
SIMロック解除とは、キャリアによる回線ごとの利用制限をすべてなくしてしまうことです。

制限がなくなった状態のことは、「SIMフリー」と呼ばれています。
SIMフリーなら、どんな回線でも制限なしで使えるようになります。

なぜSIMフリーにするのかというと、格安SIMで使う目的がほとんどです。

ほかには、海外で提供されているSIMが使えるようになったりします。
海外SIMは旅行のときに安く利用できますが、ちょっと難しいのでここでは省略します。

国内で格安SIMを使うときに、SIMロック解除が必要かどうか見ていきましょう。

SIMロック解除しなくても格安SIMって使えるの?

あなたは「格安SIMを使うならSIMロック解除が必要」だと思っていませんか?
かくいう僕も、最初はそんな風に思っていました。

これはよくある勘違いで、SIMロックを解除しなくても格安SIMは使えます。

なぜかというと、格安SIMでは大手キャリアの回線の一部を使っているからです。

SIMロック解除しない

たとえば、以下のようなタイプがあります。

  • ドコモ回線の格安SIM
  • au回線の格安SIM
  • ソフトバンク回線の格安SIM

購入したキャリアと同じ回線の格安SIMなら、SIMロックが掛かったままでも使えます。
SIMロック解除が難しかったり、あまり手間をかけたくないなら解除しなくてもOKです。

僕自身も、ドコモで購入したiPhoneをSIMロックが掛かったまま使っています。

使っているのは、「mineo Dプラン 3GB」です。
2年以上使っていますが、まったく問題なしです。

auだけはSIMロック解除が必要

ドコモとソフトバンクのスマホは、どちらも対応した格安SIMがあります。
しかしauだけは、そのままでは格安SIMは使えません。

auで購入したスマホを使いたい場合は、必ずSIMロック解除が必要です。
この場合の選択肢は、以下の2つです。

  1. SIMロックを解除する
  2. スマホを買い替える(SIMフリー端末にする)

SIMロック解除に必要なお金は、最大で3,000円前後です。
解除するにはいくつかの条件があって、手間も多少かかります。

買い替えの場合は、格安SIMとセット購入なら手間はほとんどかかりません。
分割払いにも対応しているので、最初の負担を軽くして使うことができます。

面倒なことをしたくない方には、スマホと格安SIMのセット購入がおすすめです。

悩みどころかもしれませんが、あなたに合った方法を選ぶことが大事だと思います。

SIMロック解除の3つのメリット

SIMロックを解除することで得られるメリットは、この3つです。

  1. どの回線のSIMカードでも使えるようになる
  2. 新しいスマホを買い換えずに、好きな格安SIMを使える
  3. 中古でスマホを売るときの買取価格が上がる

1つずつ、詳しく説明していきます。

【1】どの回線のSIMカードでも使えるようになる

これは、SIMロック解除の本来の目的ですね。

たとえば、スマホにauのSIMロックが掛かっていたとします。
そんなときでも、SIMロック解除すればドコモ・ソフトバンク回線でも使えるようになります。

これがSIMフリーという状態で、どの回線でも自由に使うことができます。
海外のSIMでも、もちろんOKです。

【2】新しいスマホを買い換えずに、好きな格安SIMを使える

1つめのメリットとも重なりますが、SIMロック解除したスマホなら好きな格安SIMを使えます。

つまり、スマホを買い換えずに自由に格安SIMを選べるということです。
スマホには、キャリアごとに以下のような特徴があります。

ドコモで購入したスマホ
対応している格安SIMがかなり多い
SIMロック解除しなくても快適に使える
auで購入したスマホ
そのままでは格安SIMは使えない
スマホを買い替えるか、SIMロック解除がおすすめ
ソフトバンクで購入したスマホ
対応している格安SIMはドコモより少ない
SIMロック解除しなくても快適に使える

見てもらえるとわかるように、auのSIMロック解除はメリットが大きいです。

逆に、ドコモはSIMロック解除しなくても十分な種類が揃っています。
回線もつながりやすいので、SIMロック解除しなくても問題なく使えるでしょう。

あなたの使いみちに合わせて、SIMロックを解除するかどうか検討してくださいね。

【3】中古でスマホを売るときの買取価格が上がる

最後のメリットは、スマホを売るときの価格上昇です。

SIMロックが解除されていると、それだけで買取価格が上がります。
自由度が高いSIMフリーのほうが、使う人の目的に合わせやすいということでしょう。

どのくらい金額が上がるのかは、端末によって違いがあります。
たとえば、iPhoneはSIMロック解除すると数千~1万円近く上がる可能性があります。

スマホを売ることを前提にするなら、SIMロックを解除しておくメリットはあると思います。

SIMロック解除の3つのデメリット

メリットをまとめたところで、次はデメリットを見てみましょう。

デメリットはほとんどないという話も聞きますが、僕はそうは思いません。
SIMロック解除は自分自身で行動を起こさないといけないので、それなりに手間がかかります。

  1. SIMロック解除には、いくつか条件がある
  2. 自分で解除する場合は、多少の時間・手間がかかる
  3. ショップにお願いするときには、時間・お金がかかる

SIMロック解除の条件について

まず、ドコモ・au・ソフトバンクごとに、それぞれ解除するための条件があります。
SIMロックを掛けているキャリアの条件を、まずは調べなければいけません。

たとえば、以下のような条件をキャリアごとにチェックします。

  • スマホを契約してから、規定の日数が過ぎているか
  • 対象端末かどうか
  • 故障していないか
  • もし解約していたら、規定の日数以内か

もしわかりにくければ、キャリアに問い合わせしてみるのも1つの方法です。
スマホを契約した本人確認ができれば、条件をクリアしているか教えてくれると思います。

解除するときの時間・手間・お金について

条件をすべてクリアしていれば、SIMロック解除が可能です。

自分で解除することもできますが、この場合はキャリアの公式サイトから手続きを進めます。
すべて自分の手で進めなければいけないので、できる自信がある方にしかおすすめはしません。

ショップにお願いする場合は、3,000円の手数料がかかります。
手続きはおまかせできるので、自分でやるよりもずっと簡単です。

ただし、ショップでやってもらうときは時間がかかる場合があります。
特に休日はとても混雑するので、待ち時間はかなり長くなるでしょう。

ドコモなら電話でやってもらうことも可能ですが、3,000円の手数料がかかるのは同じです。
休日は電話も混雑するので、時間があるときにやるようにしましょう。

【まとめ】必要な人だけSIMロックを解除しよう!

SIMロック解除は大きなメリットがありますが、すべての人に必要なわけではありません。

メリット・デメリットを比較しながら、あなたに合わせて検討してみてはどうでしょうか?
SIMロック解除をやってみたい!という方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

手間や時間をかけたくない方は、僕のように解除しないまま使うのもアリだと思います。
僕はずっと解除せずに格安SIMを使っていますが、まったく問題なく利用できています。

一番大事なことは、あなたにとってベストな方法を選ぶことです。

ベストな方法を選ぼう

あなたが「難しいかも?」と感じたら、無理してやらなくてOKです。
auのスマホで格安SIMを使いたいときは、頑張ってやってみるのもOKです。

あなたができることを、あなたのペースで進めてみてください。
このサイトをとおして、陰ながら応援しています。

もし格安SIMに乗り換える方法を探していたら、以下の記事もチェックしてみてください。

この記事のコンセプトは、「格安SIMに乗り換える方法を、誰にでも優しく説明する」です。
難しくて諦めかけていた方にも、きっとお役に立てると思います。