SIMロックについて説明

大手キャリアで購入したスマホには、SIMロックがかかっています。
SIMロックってどんなものか、あなたは知っていますか?

この記事では、SIMロックとは一体なんなのか、なぜ大手キャリアはスマホに制限をかけるのか説明しています。

大手キャリアがスマホに制限をかけるのには、もちろん理由があります。
SIMロックのことを知れば、あなたにどんな影響があるのかわかってもらえるはずです。

SIMロックって一体どんなもの?

まずは、SIMロックとは一体なんなのか見ていきましょう!

SIMロックのことを知るために、いくつか知っておきたい用語を紹介します。

大手キャリア
ドコモ・au・ソフトバンクなどの有名なキャリアのことです。
格安SIM
大手キャリアの回線の一部を使って、格安でスマホを使えるサービスです。
SIMカード
スマホの中に入っている、小さなカードのことです。

この3つは、なんとなく理解してもらえたでしょうか?
それではSIMロックについて、詳しく説明していきます。

SIMロックとは、使える回線が制限されていること

SIMロック

大手キャリアで購入したスマホには、SIMロックがかかっています。

SIMロックとは、スマホで使える回線が制限されている状態です。
なので、SIMロックがかかっているスマホでは、他社の回線は使えません。

購入したキャリアと同じ回線なら、問題なく使うことができます。
他社の回線で使えなくするために、SIMロックをかけているということです。

たとえば、スマホにソフトバンクのSIMロックがかかっていると、ドコモ回線では使えません。

SIMロックがかかっているとどうなるの?

回線事業者

他社の回線にわざわざ切り替えることなんてないよ?と思った方も多いのではないでしょうか。

確かにそのとおりで、ずっと同じキャリアで使い続けるならまったく問題はありません。

ここで重要になってくるのが、格安SIMです。
格安SIMでは、大手キャリアの回線の一部を使っています。

なので、格安SIMにもドコモ・au・ソフトバンクの回線があるということです。

さて、もしソフトバンクのSIMロックがかかっているスマホで、ドコモ回線の格安SIMを使おうとしたらどうなるでしょうか?

スマホ本体
「ソフトバンク」のSIMロックがかかっている
格安SIM
「ドコモ回線」の格安SIMを使いたい

あなたのご想像どおり、そのスマホではドコモ回線の格安SIMは使えません。
このように、SIMロックがかかっていると、自由に回線を切り替えることができません。

SIMロックの「SIM」ってなに?

SIMカード

どうして「SIMロック」なんていう名前がついているのでしょうか?
それは、スマホに入っているSIMカードと大きな関係があります。

スマホで回線を切り替えるためには、SIMカードを入れ替えます。
そうすることで、格安SIMも使えるようになります。

他社回線のSIMカードを使えなくするので、「SIMロック」というわけです。

SIMカードをもうすこしだけ詳しく

ちなみに、SIMカードの正式名称は「Subscriber Identity Module Card」です。
僕たちユーザーにはあまり意味のない名前なので、これは覚えなくて大丈夫です。

SIMカードには、回線・契約・プランを識別するための情報が入っています。
SIMカードを入れ替えても、スマホのデータはスマホ本体に残っています。

SIMロックにはメリットってあるの?

このSIMロックは、ユーザーにはなにかメリットはあるのでしょうか?

結論からいえば、ユーザーにメリットは一切ありません。
ただ単純に、僕たちには制限がかかっているだけです。

そのように聞くと、SIMロックはなんて迷惑なんだ!!って思うかもしれません。

そう思ってしまうのも、当然のことだと思います。
なんでわざわざ、僕たちができるはずのことを制限するのでしょうか。

ここでちょっとだけ、大手キャリアの事情も見てみませんか?

なんで大手キャリアはSIMロックをかけるの?

大手キャリアでスマホを購入すると、いろいろな割引きや特典などが付いています。
そのスマホで他社回線を使われるのは、大手キャリアの損失になるというわけです。

一時期は割引きが過剰なこともあって、他社に乗り換えてほしくなかったのだと思います。

このような事情があって、大手キャリアで購入したスマホにはSIMロックがかかっています。

ユーザーにとって、SIMロックはやっぱり不便!

やっぱり僕たちには、SIMロックは不便な機能であることに変わりません。
過剰な割引きや特典も、行政から問題視されていました。

今では総務省でガイドラインが策定されて、すこしずつ変わってきています。
以前ほどの割引きや特典は少なくなって、SIMロック解除も義務化されました。

総務省がガイドラインを策定

総務省の資料を確認したい方は、こちらもチェックしてみてください。
【総務省】モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針(PDF)

総務省も、格安SIMの拡大を後押ししています。
幅広い選択肢のひとつとして、格安SIMの可能性はもっと広がっていくでしょう。

【まとめ】必要に応じてSIMロックを解除しよう

内容をまとめると、同じ回線を使い続けるならSIMロックがかかっていても大丈夫です。

ただ、SIMロックがかかってるメリットはありません。
SIMロックがかかっているよりも、解除したほうが便利なのは間違いありません。

SIMロックを解除するメリットは、こんな感じです。

  • どの回線のSIMカードでも使えるようになる
  • 新しいスマホを買い換えずに、好きな格安SIMを使える
  • 中古でスマホを売るときの買取価格が上がる

SIMロック解除には、ちょっとだけ手間がかかります。
また、ショップにお願いするときには手数料も必要です。

あなたの使い方に合わせて、SIMロック解除を検討してみてはどうでしょうか?
SIMロック解除に興味があれば、こちらの記事も参考にしてみてください。