ソフトバンクから格安SIMに乗り換える手順をわかりやすく紹介

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるには、どうすればいいか知っていますか?
乗り換えるだけでスマホ代を節約できるので、知っておいて損はないですよ!

この記事では、ソフトバンクから格安SIMに乗り換える手順を、1つずつわかりやすく紹介しています。

必要な手順をまとめているので、誰でも簡単に格安SIMを使うことができますよ。
もし興味があれば、格安SIMでスマホ代を思いっきり安くしてみませんか?

【準備】どんなスマホを使うのか決めておこう!

まずは、格安SIMに乗り換えるための準備から始めていきましょう!

あなたは、格安SIMでどんなスマホを使いたいですか?
今までのスマホをそのまま使ったり、新しくスマホを買い替える方法を紹介しますね。

ソフトバンクのiPhoneは使える?

iPhone

ソフトバンクのスマホを使う場合は、2つのパターンから選ぶことができます。

  1. SIMロックを解除しないで、ソフトバンク回線の格安SIMを使う
  2. SIMロックを解除して、好みの回線から格安SIMを選ぶ

SIMロックを解除しないパターン

SIMロック

SIMロックを解除しなくても、ソフトバンク回線の格安SIMなら使うことができます。

ただし、このパターンは選べる格安SIMがかなり限られてしまいます。
いろいろな格安SIMを比較したいときは、SIMロック解除するのがおすすめです。

SIMロックを解除するパターン

SIMフリー

SIMロックを解除すれば、ドコモ・au回線の格安SIMも使うことができます。
iPhoneはどの回線でも快適に使える仕組みなので、安心して選べますよ。

僕が個人的におすすめするのは、ドコモ回線です。
なぜなら、対応エリアが広くて選べる格安SIMの種類も豊富だからです。

パソコンから手続きすれば、お金も時間もかけずにSIMロック解除ができます。
すこしだけ解除の手間はかかりますが、メリットはかなり大きいですよ。

ソフトバンクのAndroidは使える?

Android

Androidのスマホで格安SIMを使うなら、かならずSIMロック解除しなければいけません。

ソフトバンクのSIMロックがあるAndroidには、どの格安SIMも対応していないからです。
今までのAndroidスマホを使いたい方は、SIMロック解除をやってみてはどうでしょうか?

もし解除するのが難しそうなら、新しいスマホに買い替えるのも1つの方法だと思います。

新しいスマホに買い替えることはできる?

セット購入

格安SIMでは、新しいスマホをセット購入することもできます。
面倒な手続きはないし、動作確認もすでに完了しているからお手軽ですよ。

分割払いにも対応しているので、最初の負担を減らしながら新品のスマホを購入できます。

格安SIMを初めて使う方でも、安心して使えるのが大きなメリットです。
スマホについて調べるのが苦手な方は、なるべくならセット端末を使うようにしましょう。

【準備】電話番号を引き継ぐ方法(MNP)とは?

電話番号を引き継ぐためには、MNPというサービスを利用します。
MNPってなんとなく難しそうな感じですが、実はすごく簡単ですよ。

MNPのやり方は、この3ステップです。

MNP 3ステップ

  1. MNP予約番号を取得する
  2. 格安SIMに登録するときに、「MNP」という項目を選ぶ
  3. 取得したMNP予約番号を入力する

たったこれだけで、あなたの電話番号を引き継ぎできます。
1回でもやったことがあれば、すごく簡単ということをわかってもらえるはずです。

MNPを利用して乗り換えると、ソフトバンクは自動的に解約となります。
手数料や違約金について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてもらえると思います。

MNP予約番号を取得する方法

MNPを選ぶ

MNP予約番号は、店舗・電話サポートのどちらでも取得できます。
あまり手間や時間をかけたくないときは、電話サポートがおすすめです。

問い合わせするときは、予約番号をメモできるように紙とペンを用意しておくと便利ですよ。

ソフトバンクの問い合わせ先
*5533(ソフトバンク携帯電話から)
0800-100-5533(フリーコール)

MNP予約番号には、発行日を含めて15日間の有効期限があります。

こういう有効期限って、意外と忘れてしまったりしませんか?
僕の場合は、忘れないようにすぐに格安SIMに申し込みしました。

格安SIMによっては、「有効期限が10日以上残っている状態」という条件付きだったりします。
そういう意味でも、番号を発行してからすぐに乗り換えたほうがいいと思います。

【3ステップ】格安SIMに乗り換える手順

準備ができたら、あとは格安SIMに乗り換えるだけです。
たった3ステップだけで、すぐに乗り換えできますよ。

  1. 必要なものを用意する
  2. どの格安SIMにするか選ぶ
  3. 格安SIMに登録する

【1】必要なものを用意する

まずは、必要なものを用意しておきましょう。
といっても、乗り換えに必要なものはこの3つだけです。

必要なもの

  • クレジットカード
  • 本人確認書類(免許証など)
  • MNP予約番号(MNPしたい場合のみ)

使いたいプランによっては、用意しなくていいものもあります。
わかりやすくするために、表にしてまとめました。

クレジットカード 本人確認書類 MNP予約番号
音声通話なし × ×
音声通話あり(新規) ×
音声通話あり(MNP)

もしあなたがMNPする予定なら、3つとも用意しておきましょう!

【2】どの格安SIMにするか選ぶ

SIMカード

選ぶときのポイントとして、どの回線を使うのかしっかりチェックしておきましょう。

格安SIMでは、ドコモ・au・ソフトバンク回線が使われています。
この中から、あなたの使い方に合った回線を選ぶ必要があります。

【ソフトバンクのiPhoneを使うとき】ソフトバンク回線がおすすめ

iPhone

ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除しないで使うなら、ソフトバンク回線を使いましょう。
ドコモ・au回線の格安SIMは、使うことができません。

選べる格安SIMは少ないので、いろいろ比較したい方はSIMロック解除するのがおすすめです。

SIMロック解除すれば、ドコモ・au回線でも使うことができますよ。
ドコモ回線なら対応エリアが広くて、ほとんどの格安SIMが対応しているので使いやすいです。

【ソフトバンクのAndroidを使うとき】対応周波数で選ぶ

データ通信

ソフトバンクのAndroidは、かならずSIMロック解除をしなければいけません。
まずは、スマホのSIMロックを解除しておきましょう。

SIMロック解除したら、スマホの対応周波数をチェックします。

ドコモ・au・ソフトバンク回線で使われている周波数は、それぞれ異なります。
あなたのスマホに合わせて、回線を選ぶようにしましょう。

スマホ・回線の周波数については、こちらの記事でくわしく説明しています。

また、格安SIMごとに公式サイトで動作確認端末をチェックする必要があります。
スマホによっては未対応の場合もあるので、かならず事前にチェックしてくださいね。

難しそうなら、無理せずに新しいスマホに買い替えるのもありだと思います。
面倒な手続きなしでお手軽なので、初心者の方も安心して使えますよ。

【新しくスマホを買い替えるとき】ドコモ回線がおすすめ

NTT

格安SIMでは、ソフトバンクよりもドコモ回線のほうが扱いやすいです。
なぜなら、対応エリアが広い・格安SIMの種類が多い、などの理由があります。

格安SIMとスマホをセット購入するなら、ドコモ回線を強くおすすめします。

セット端末・ドコモ回線の組み合わせなら、周波数は気にしなくてもOKです。
対応周波数も含めて、ちゃんと動作確認されているから大丈夫ですよ。

ドコモ回線の格安SIMなら、たくさんのラインナップから選ぶことができます。
最後におすすめ格安SIMも紹介しているので、良かったら参考にしてくださいね!

【3】格安SIMに登録する

予約番号の入力

格安SIMが決まったら、あとは申し込みをするだけです。
申し込みの所要時間は、パソコン・スマホの操作に慣れている方なら5~10分くらいです。

公式サイトでは、申し込みの手順をわかりやすく案内しています。
もしあなたが慣れていなくても、ゆっくり進めていけば大丈夫ですよ。

申し込みを進めていくと、「MNP」という項目が見つかります。
MNPをしたい方は、予約番号を忘れずに入力しておきましょう。

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMはどれ?

乗り換えのまとめとして、ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを2つに厳選して紹介します。
SIMロックを解除していないiPhoneなら、この2つのどちらかが使いやすいですよ。

【b-mobile】従量課金プランに対応!1~15GBまでOK

b-mobile

特徴

  • 従量課金プラン
  • 使った容量に応じて料金が変化(1~15GB)
  • 音声通話・MNP対応
  • ソフトバンク回線
  • 5分かけ放題

b-mobileの詳細をみる

【nuroモバイル】2GB・5GBはb-mobileよりも安い!

nuroモバイル

特徴

  • 容量固定プラン
  • 2GB・5GBから選べる
  • 音声通話・MNP対応
  • ソフトバンク回線
  • 10分かけ放題

nuroモバイルの詳細をみる

ドコモ回線の格安SIMならどれがおすすめ?

NTT

ソフトバンク回線は、あくまでもSIMロックありのiPhone専用といった感じです。

SIMロック解除や、格安SIMとセット購入したスマホなら、ドコモ回線がおすすめです。
最後に、ドコモ回線のおすすめ格安SIMも3つピックアップして紹介します。

  1. 【mineo(マイネオ)】シンプルでわかりやすい料金プラン

    mineo

    特徴

    • コストパフォーマンスが良い
    • コミュニティサイトが活発で人気
    • 画像付きマニュアルがわかりやすい
    • ドコモ・au回線
    • 10分かけ放題

    マイネオの詳細をみる

  2. 【IIJmio】スマホのラインナップが特に充実!

    IIJmio

    特徴

    • 通信速度が比較的速い
    • 大容量オプションあり
    • SIMカードを最大10枚まで追加可能
    • ドコモ・au回線
    • 10分かけ放題

    IIJmioの詳細をみる

  3. 【楽天モバイル】ポイントと期間限定キャンペーンがお得!

    楽天モバイル

    特徴

    • 格安SIMシェアNo1
    • 楽天ポイントがどんどん貯まる
    • セット端末の種類が豊富
    • ドコモ回線
    • 5分かけ放題

    楽天モバイルの詳細をみる