スマホメーカーの特徴

スマホにはいろいろなメーカーがありすぎて、どれがいいのか迷ってしまうかもしれません。
日本・海外のメーカーにも違いがあるので、特徴をおさえておきたいところです。

この記事では、スマホのメーカーを日本・海外でまとめて、特徴や違いを紹介しています。

どのスマホにするか悩んでいたら、まずはあなたに合ったメーカーをチェックしてみませんか?

海外のスマホメーカーの特徴とは?

スマホを選ぶときに、メーカーがありすぎてわかりづらいかもしれません。
そこで、メーカーによってどんな特徴があるのか簡単に紹介します。

スマートフォンの海外メーカーは、主に6つあります。
リストでまとめると、こんな感じです。

  • 【おすすめ】Apple(iPhoneシリーズ)
  • 【おすすめ】ASUS(ZenFoneシリーズ)
  • 【おすすめ】HUAWEI(honorシリーズなど)
  • サムスン(Galaxyシリーズ)
  • Google(Nexusシリーズ)
  • ZTE(BLADEシリーズ)

【おすすめ】Apple(iPhoneシリーズ)

iPhone8

もはや説明不要のスマホメーカー、Appleです。
もともとはMacというパソコンのメーカーで、iPhoneで爆発的な人気が出ました。

iPhoneを使ってから、Macのパソコンを使い始めた方も多いみたいです。

iPhoneは日本ではかなりメジャーですが、海外では高級スマホという位置付けです。
なので、海外でiPhoneを持っている人はお金持ちという扱いだそうです。

iPhoneの大きな特徴は、本体の製造とOSの開発をすべて一貫して行っていることです。

OSとは?

iPhoneならiOS、AndroidならAndroid OSのことです。
スマホを動かしているシステムと考えればOKです。

ハード(本体)とソフト(OS)の高い親和性によって、安定した動作がウリです。
iPhoneの見た目のスペックが低くても、動作がサクサクなのは親和性が高いからです。

iPhoneの本体にベストマッチしたOSにすることで、最高のパフォーマンスを発揮できます。

【おすすめ】ASUS(ZenFoneシリーズ)

ZenFone 4 Pro

ASUS(エイスース)は、パソコンのマザーボードというパーツで有名なメーカーです。
マザーボードのシェアNo1で、その安さと品質の高さはトップレベルです。

数年前からスマホに参入していて、スマホでもコスパの良さを発揮しています。
価格が安いうえに性能も十分、これまで積み上げてきた信頼性の高さがあります。

人気の高いメーカーなので、スマホを選ぶときの有力な候補になるでしょう。

ちなみに、ZenFoneのZenは、日本語の「禅」を表しています。
日本での販売をかなり意識したスマホだといえそうです。

【おすすめ】HUAWEI(honorシリーズなど)

HUAWEI Mate 10 Pro

HUAWEI(ファーウェイ)は、コストパフォーマンスがかなり良いと評判のメーカーです。
価格をグッと抑えながらも、性能が高いことで有名です。

ここ数年で特に人気が出ていて、品質もだんだんと良くなってきています。
モバイルルーターなども扱っていて、コスパ重視の方に選ばれることが多いです。

家電量販店を見てみると、HUAWEIのスマホが多いことに驚かされます。
価格コムの評判も、全体的にかなり良いですよ。

サムスン(Galaxyシリーズ)

Galaxy S8

Galaxyシリーズは、日本でもかなり人気だった機種です。
しかし、今では以前ほどの人気はなくなってきています。

もしかしたら、「故障」や「爆発」といったトラブルの数々が原因かもしれません。
Galaxyのトラブルに関する話題は、残念ながらほかのメーカーよりも多く見かけます。

決してスマホの価格・性能が悪いわけではありませんが、僕はあまりおすすめできないです。

ASUSやHUAWEIなどの優良メーカーが参入して、ほかの選択肢も増えてきています。
あえてGalaxyシリーズを選ぶ理由は、だいぶ薄れてしまったといえるでしょう。

Google(Nexusシリーズ)

Nexus 5X

検索エンジンでお馴染みのスマホメーカー、Googleです。
実はスマホを発売していることを、あなたは知っていましたか?

Google製のスマホなので、以前は鳴り物入りで扱われていました。
しかしイマイチ人気が出ないまま、あまりスマホの話題は聞かなくなってしまいました。

AndroidはGoogleが開発したOSなので、当初のNexusはかなり期待されていたようです。

OSのアップデートにもいち早く対応できるというのが、ウリの一つでした。
もっと人気が出ていたら、魅力的な機種が出てきたのかもしれません。

現在ではメリットも少ないので、あまりおすすめできる機種ではありません。

ZTE(BLADEシリーズ)

Blade E02

ZTEは、HUAWEIとおなじくコスパが高いメーカーです。
しかし、どちらかといえばHUAWEIのほうが今は勢いがあるといえます。

ZTEだけの特徴が見えづらいので、どうしても似たようなHUAWEIと比較されてしまいます。
HUAWEIの人気が伸びてきているだけに、ZTEはほとんど目立たなくなってしまいました。

日本のスマホメーカーの特徴とは?

スマートフォンの日本メーカーは、主に4つあります。
リストでまとめると、こんな感じです。

  • 【おすすめ】シャープ(AQUOSシリーズ)
  • 【おすすめ】富士通(arrowsシリーズ)
  • ソニー(Xperiaシリーズ)
  • オンキヨー(ブランドなし)

【おすすめ】シャープ(AQUOSシリーズ)

AQUOS R compact SH-M06

言わずと知れた、AQUOSブランドのスマホを展開しています。
そのブランドどおり、見やすくて美しい画面が大きな特徴です。

おサイフケータイやワンセグなど、日本独自の機能が備わっている機種もたくさんあります。

スマホ本体の実績も長く積んでいるので、信頼性のあるメーカーといえます。
安心の日本メーカー、慣れ親しんだブランドなので、安心して使いたい方にも向いています。

日本メーカーの特徴として、海外メーカーよりも機能が豊富という点があります。
そのかわり、日本メーカーのスマホは海外メーカーよりも全体的に価格が高いです。

AQUOSのスマホは、日本メーカーのメリットを最大まで活かした機種だといえるでしょう。
普段の生活のなかで使いたい方にとっては、便利で快適なスマホだと思います。

【おすすめ】富士通(arrowsシリーズ)

arrows M04

富士通もかなり初期のころからスマホに参入していたメーカーです。
arrowsシリーズが有名で、いわゆるガラケーに近い性能を持っています。

ワンセグや防水、おサイフケータイなどの機能がそろっていて、機能豊富なスマホといえます。
特に性能が高いわけではないので、電話やインターネットなどを中心に使う方に向いています。

AQUOSと比べると、価格と性能をすこし落としたスマホが多い印象です。
手に入りやすい価格なので、性能にこだわらない方はチェックしてみるといいかもしれません。

ソニー(Xperiaシリーズ)

Xperia XZ Premium

ソニーのXperiaシリーズは、日本でもかなり有名な人気機種です。

スマホ初期のころから参入していたのは、さすがソニーといった感じですね。
長年の実績があるので、今ではかなり安定した動作になっています。

注意点としては、値段がちょっと高めでコスパが悪いところです。
海外メーカーと比べると、どうしても高く感じてしまうでしょう。

Xperiaの大きな特徴は、ソニーの家電との連携です。
いろいろなソニー製品と連携できるので、メーカーを統一したいときに便利だと思います。

オンキヨー(GRANBEAT)

GRANBEAT DP-CMX1

ONKYOは、わりと最近スマホに参入したメーカーです。
音響機器で長年の実績を積んできたメーカーなので、スマホの人気はまだまだ未知数です。

これまでのノウハウを活かして、音に特化したスマホをシリーズ化するかもしれません。
スマホ本体としては、まだ強くおすすめできるメーカーとはいえないです。

これからどのように進化していくのか期待しましょう!

海外・日本メーカーの違いについて

海外メーカーと日本メーカーは、持っている強みが大きく違います。
コスパを重視するなら、間違いなく海外メーカーのほうが強いです。(Appleを除く)

安くて高性能のスマホを求めているなら、海外メーカーの端末を選びましょう。

日本メーカーは、独自のメリットを伸ばしているのが強みです。
AQUOSなら美しい画面と豊富な機能、ソニーなら家電との連携といった感じです。

また、信頼性の高い国産なので、誰でも安心して使えるのも良いところだと思います。
ガラケーの機能に慣れている方や、国産に安心感を持てる方に向いています。

海外と日本のメーカー

【まとめ】いろいろなメーカーから厳選しよう!

ここまで、いろいろなメーカーのスマホをまとめてきました。
たくさんありすぎて、迷ってしまう方もいるかもしれません。

そんなときは、まずは海外・日本メーカーの特徴で選んでみてはどうでしょうか?
どちらか決まれば、かなりメーカーを絞り込むことができます。

この記事で【おすすめ】になっているメーカーは、人気のある優良メーカーです。
おすすめのなかから選べば、メーカーで困ることは少ないでしょう!

格安SIMにおすすめのスマホってある?

格安SIMの乗り換えと同時にスマホを買い替えるなら、セット端末がおすすめです。
その理由として、以下の5つのメリットがあるからです。

  • 細かいデータがわからなくてもOK
  • 周波数を気にしなくてもOK
  • 分割払いにも対応
  • メーカー保証を受けられる
  • 有料の端末保証にも加入できる

スマホの性能などのデータがわからない方に、僕はセット購入をおすすめしたいです。
スペック(性能)や周波数といったデータは、わからない方にとってかなり面倒だと思います。

セット端末なら動作確認ができているので、だれでも手軽に格安SIMを使うことができます。