Y!mobileの評判

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクが提供している格安SIMです。
大手キャリアによる格安SIMですが、実際の評判はどうでしょうか?

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)のメリット・デメリットを比較しながら、そこで気づいた魅力を紹介しています。

どんな魅力があって、どんな人に向いているのか、すぐにわかってもらえるはずです。
また、デメリットや気をつけるべきリスクも、しっかりとお伝えしています。

ワイモバイルが気になっている方は、僕と一緒にチェックしていきませんか?

ワイモバイル公式サイトはこちら

Y!mobile(ワイモバイル)のメリット

それではさっそく、ワイモバイルのメリットからチェックしていきましょう!
ここでは、格安SIM自体のメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、ワイモバイルだけの特徴や、より優れているところをピックアップしています。

Y!mobileのメリット

  1. 無制限・10分かけ放題がある
  2. データ通信の速度が速い
  3. 専用のメールアドレスが無料で使える
  4. LINEアプリの年齢認証ができる
  5. 公式のチャットサポートがある
  6. 約1,000店舗のショップでサポートを受けられる
  7. Yahoo!ショッピング、LOHACOでポイントが貯まる

ここから1つずつ、もっと詳しく説明していきますね!

【1】無制限・10分かけ放題がある

音声通話

ワイモバイルの大きな特徴は、無制限・10分かけ放題です。

10分かけ放題のほうは、すべてのスマホプランで最初から使えるようになっています。
それに加えて、無制限のオプションを付けることができます。

格安SIMのなかでも、無制限のかけ放題はワイモバイルだけにしかありません。
たっぷり電話したい方は、かなり有力な候補になるでしょう。

無制限のオプションは、月額利用料1,000円です。
ちょっと高めの料金ですが、時間・回数どっちも無制限で使うことができます。

電話すればするほどお得なので、たっぷり使いたい方におすすめですよ。

【2】データ通信の速度が速い

速度

ワイモバイルは、格安SIMのなかでもデータ通信の速度がかなり速いです。

速いと評判のUQモバイルですが、それよりもさらに速いとの調査結果もあります。
データ通信のくわしい速度比較は、公式サイトでも確認できますよ。

これだけ速いので、動画とかもサクサク再生できると思います。

【3】専用のメールアドレスが無料で使える

メールアドレス

ワイモバイルでは、専用のメールアドレスが無料で使えます。
利用できるのは「@yahoo.ne.jp」「@ymobile.ne.jp」の2つのアドレスです。

メールアプリも用意されているので、スマホでも快適に使うことができます。
また、「@yahoo.ne.jp」は容量無制限なので、画像などを添付してもOKです。

パソコンメールにちょっと抵抗がある方でも、このアドレスだったら使いやすいと思います。

【4】LINEアプリの年齢認証ができる

LINE

ほとんどの格安SIMでは、LINEの年齢認証ができません。
しかし、ワイモバイルだったら年齢認証に対応しています。

LINEで年齢認証をすれば、ID検索が使えるようになります。
もしID検索を使うなら、ワイモバイルは選択肢の1つになるでしょう。

ほかに年齢認証に対応しているのは、LINEモバイルだけです。
こちらも特徴のある格安SIMなので、LINEをよく使う方は比較してみてはどうでしょうか?

【5】公式のチャットサポートがある

サポート

公式サイトでは、チャットサポートが提供されています。
公式のサービスなので、どんなことでも安心して聞くことができます。

チャットサポートのメリットは、わからないことにもすぐに対応してくれるところです。
時間をかけずに問い合わせできるので、気軽に使ってみてはどうでしょうか?

【6】約1,000店舗のショップでサポートを受けられる

ショップ

ワイモバイルでは、全国に約1,000店舗のショップを展開しています。

困ったときでも、ショップなら対面でサポートしてくれるので安心です。
たとえ故障したときでも、すぐに代替機を用意してくれます。

手厚いサポートが期待できるので、なにかトラブルがあればぜひ活用しましょう!

【7】Yahoo!ショッピング、LOHACOでポイントが貯まる

ポイント5倍

ワイモバイルのスマホなら、Yahoo!ショッピング、LOHACOのポイントがいつでも5倍になります。

ポイントがかなり貯まりやすくなるので、通販をよく使っている方ならお得に利用できます。

Yahoo!ショッピングは、楽天市場のようにたくさんの商品が販売されています。
LOHACOでは、食料品・生活用品などを中心として販売されています。

どちらもうまく活用すれば、いろいろな種類の商品をお得に買うことができるでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)のデメリットと解決策

メリットがわかったところで、デメリットもチェックしていきましょう。
ここでも、格安SIM自体のデメリットは省略します。

ほかの格安SIMと比べて、ワイモバイルにはない、劣っているという部分をピックアップしています。

Y!mobileのデメリット

  1. 「スマホプランS/M/L」に2年縛りがある
  2. 他社の端末は、SIMフリーでなければ利用できない
  3. ワイモバイルのスマホには、SIMロックがかかっている
  4. 別名義ではデータ容量をシェアできない

ここからもっと詳しく説明して、デメリットの解決策も提案していきます!

【1】「スマホプランS/M/L」に2年縛りがある

ワイモバイルで最大のデメリットは、スマホプランに2年縛りがあることです。

2年縛りとは?

2年間の継続期間中に解約すると、違約金がかかる契約です。
契約更新月に解約すれば、違約金は発生しません。(解約しなければ契約は自動更新されます)

ワイモバイルでスマホを使うなら、基本的にはスマホプランを使うことになります。
ということは、自然と2年縛りで契約することになります。

この点については、あなたにも必ず知っておいてほしいです。
知らずに契約してしまうと、かなり高い確率で違約金を払うことになります。

【解決策】ほかの格安SIMも比較してみよう!

ほかの格安SIMなら、2年縛りなしで使うことができます。
ここでは簡単に、2つピックアップして紹介します。

10分かけ放題を使うなら、mineo(マイネオ)がおすすめです。
2年縛りなしで、ワイモバイルより安い料金で使い続けることができます。

ポイントをお得に貯めたい方には、楽天モバイルがおすすめです。
2年縛りなしで、楽天市場で使えるポイントがどんどん貯まる仕組みになっています。

【2】他社の端末は、SIMフリーでなければ利用できない

他社で購入したスマホは、SIMフリーでなければワイモバイルでは利用できません。

特に注意が必要なのが、ソフトバンクで購入したスマホです。

ワイモバイルはソフトバンク回線なので、そのままで利用できると思うかもしれません。
しかしソフトバンクのスマホでも、ワイモバイルで利用するにはSIMロック解除が必要です。

【解決策】SIMフリー端末を用意するか、セット購入しよう!

ワイモバイルでスマホを使うためには、SIMフリーの端末を用意しなければいけません。
SIMロック解除をしようと思っている方は、こちらが参考になると思います。

もう1つの解決策は、ワイモバイルで新しいスマホをセット購入することです。
分割払いにも対応しているので、スマホの買い替えも検討してみてはどうでしょうか?

【3】ワイモバイルのスマホには、SIMロックがかかっている

ワイモバイルのスマホをセット購入すると、そのスマホにはSIMロックがかかっています。
これはワイモバイル専用のSIMロックなので、ほかの回線では利用できません。

ドコモ・au・ソフトバンク回線は、すべて使うことができないと考えたほうがいいでしょう。

【解決策】必要に応じて、SIMロックを解除しよう!

もしワイモバイルでほかの回線のSIMカードを使うなら、SIMロック解除が必要になります。

ワイモバイルでは、WEBサイトで解除・ストアで解除する方法があります。
WEBサイトで解除するときは無料で、ストアで解除するときは3,000円かかります。

ちょっと手間はかかりますが、どうしても別回線を使いたいときは解除しておきましょう!

【4】別名義ではデータ容量をシェアできない

ワイモバイルでは、別名義の人とデータ容量をシェアすることはできません。

「データプランシェア」というオプションもありますが、同じ名義であることが条件です。
別名義でシェアする方法はないので、ワイモバイルでは諦めるしかありません。

【解決策】ほかの格安SIMも比較してみよう!

どうしても別名義でデータ容量をシェアしたいときは、ほかの格安SIMも比較してみましょう。
ここでは、シェア可能なおすすめ格安SIMを3つ紹介します。

特に使いやすいのはmineo(マイネオ)で、4種類のデータシェアを無料で利用できます。
誰とでもいろいろな方法でシェアできるので、かなり便利に使えるでしょう。

ほかにはLINEモバイルなら、LINEアプリを使ってデータ容量をプレゼントできます。
LINEモバイルのユーザー同士なら、無料でデータシェアできますよ。

楽天モバイルもデータシェアできますが、こちらは有料オプションです。
5人までグループに入ってシェアできるので、楽天会員の方におすすめです。

メリット・デメリットのまとめ

内容をまとめると、ワイモバイルの大きな魅力は無制限でかけ放題を使えることです。

無制限にかけ放題を使えるのは、ワイモバイルだけです。
時間や回数にしばられず、たくさん電話したい方ならメリットは大きいでしょう。

そのかわり、大きなデメリットとして2年縛りがあります。

ワイモバイルで電話を使うなら、自然と2年縛りで契約することになります。
このリスクをわかったうえで使うかどうかが、選ぶときのポイントになるでしょう。

データ通信については、速度はかなり速いといわれています。
公式サイトによると、速いと評判のUQモバイルよりも高速のデータ通信ができるそうです。

データ通信をメインに使いたい方にとっても、とても快適な格安SIMだと思います。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金と特徴

対応回線 データ容量 価格帯
ソフトバンク 2GB~14GB 1,980~5,980円

ワイモバイル公式サイトはこちら

最低利用期間とか違約金はあるの?

格安SIMを使っていくうえで、最低利用期間や違約金は気になるところだと思います。

ワイモバイルのスマホプランには、2年縛りがあります。
最低利用期間ではなく、2年間の自動更新なので注意が必要です。

ここでは、契約期間と違約金を表でまとめました。
表を見てもらえれば、どんな内容なのかすぐにわかると思います。

音声通話 データ通信
契約期間 24ヶ月
(自動更新)
なし
違約金 9,500円 0円
MNP転出手数料 6,000円(6ヶ月まで)
3,000円(7ヶ月から)
なし

ワイモバイルの契約期間や違約金は、ほかの格安SIMにくらべてかなり厳しいです。

2年ごとに自動更新されるので、計画を立てて使う必要があります。
2年縛りがあるだけでなく、使い始めてから6ヶ月まではMNP転出手数料も割高です。

格安SIM全体で見ても、制限が多くて違約金も高いといわざるをえません。
もしワイモバイルを選ぶなら、このようなリスクはしっかりと覚えておいてくださいね。

知らず知らずのうちに2年縛りになっていたら、本当に困ってしまうのはあなた自身です。
「乗り換えてよかった」と喜んでほしいからこそ、リスクはしっかりお伝えします。

おすすめのプランはどれ?

ワイモバイルでは、スマホで使えるプランの数はあまり多くありません。
さらにいえば、ワイモバイルのメリットを大きく活かせるのは無制限のかけ放題です。

10分かけ放題なら、ほかの格安SIMのほうが使いやすいです。
たとえばmineo(マイネオ)なら、2年縛りなしで料金ももっと安くなります。

ここまでの内容をまとめると、おすすめのプランを絞り込むことができます。
ワイモバイルのプラン選びのポイントは、この3つです。

  • 電話(音声通話)が使えるプランを選ぶ
  • 無制限のかけ放題「スーパーだれとでも定額」を利用する
  • 使い方に合わせて、データ容量を選ぶ

Y!mobileのプラン

ワイモバイルでは、2GB・6GB・14GBの3つのデータ容量を選ぶことができます。
データ容量の目安をまとめたので、よければ参考にしてくださいね。

2GB(ライトユーザー向け)
インターネットで検索する
LINEやTwitterをよく使う
ゲームをプレイする
動画を少しだけ見る
6GB(ミドルユーザー向け)
ゲームをたくさんプレイする
動画をそれなりに見る
Instagramでたくさんの画像をアップする
14GB(ヘビーユーザー向け)
動画をたくさん見る

Y!mobile(ワイモバイル)はどんな人に向いてる?

ここまでの内容で、あなたはどんな人にワイモバイルが向いていると思いましたか?

僕が考えるワイモバイルに向いている人は、

  • 無制限のかけ放題を使いたい!
  • Yahoo!ショッピングをお得に使いたい!
  • データ通信は速いほうがいい!

といった方です。
無制限のかけ放題を使いたい方、高速なデータ通信を使いたい方におすすめです。

Y!mobileに向いてる人

ただし、本当にしつこいくらいですが、2年縛りには気をつけてください。
2年ごとの更新なので、たとえば2年6ヶ月の時点で解約しても違約金が発生します。

この2年ごとの契約期間を、計画を立てて使える方だけに僕はおすすめしたいです。

契約期間さえ管理できれば、かなり安い料金で無制限のかけ放題が使えます。
また、Yahoo!ショッピング、LOHACOのポイントもかなり貯まりやすくなります。

2年縛りにさえ注意すれば、お得に使える格安SIMといった感じですね。

【まとめ】無制限のかけ放題はワイモバイルだけ!

ワイモバイルには、かなりハッキリとしたメリット・デメリットがあります。
どちらも明確なので、どんな人に向いているのかわかりやすい格安SIMといえます。

最後にまとめると、メリットは無制限のかけ放題で、デメリットは2年縛りです。
無制限のかけ放題は便利ですが、2年縛りがいやな方にはおすすめはしません。

2年縛りのリスクもわかったうえで、それでも使いたいと思った方だけにおすすめしたいです。

無制限のかけ放題が便利

デメリットは決して無視できませんが、大きなメリットがあるのは間違いありません。

いつでも、何度でも、誰とでもかけ放題は、ほかにはない快適さがあるでしょう。
電話をたくさんかける方にこそ、ワイモバイルは向いていると思います。

公式サイトでは、くわしいプランや端末一覧を見ることができます。
特徴もわかりやすくまとめてあるので、興味があればチェックしてみてくださいね。

ワイモバイル公式サイトはこちら